パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(アルゼンチン共和国杯&みやこS編)

ほう


財政的な問題でしばらくウインズ高松に行けていなかったが、久々に来てみたら星乃珈琲が建設中。
豆を買ってきてサイフォンで淹れないと気が済まない喫茶店マニアの親父が昔、ウインズ高松の横にあった喫茶店でピラフを頼んだらパイナップルが入ってて「二度と行かない」って言ってたのを思い出す。


アルゼンチン共和国杯
◎アルバート
ムーアでなら勝てるけどそれ以外の騎手だと2着までと言う馬で、いっそのこと海外移籍してずっと騎乗してもらったら面白いのでは。あまりビッグレースだとかち合うけど、欧州長距離はドイツ以外軽視してるから余るはずだし。
狙いとしてはステイヤーズSまで死んだふりをしてほしかったが、どうせ次も人気になるだろうから3歳馬がオッズを吸ってくれる今回のほうが美味しいか。
○デニムアンドルビー
どうしても牡馬相手に走らないといけないルールでもあんのか?これでエリザベス女王杯を楽勝したら笑ってたけど、まさか連闘はしないだろうからジャパンCに出て惨敗から引退かな。
オールカマーを見てもまだ心は折れていない感じだし、終いの脚だけなら堅実なので最後の印を打ってお疲れ様。
▲プレストウィック
ダイワメジャー産駒だが2400以上を主戦場にする変わり種。母系もリナミックス×リヴァーマンだから特別スタミナ寄りと言うわけでもないので単に長距離のスローな流れが合うタイプなのだろう。
昨年は10着だったがあれから力を付けて重賞でも掲示板に載ったし、シルク2頭出しのときは何かやってきそうな雰囲気がある。
△レコンダイト
七夕賞を1番人気でコケてから底を見せたような走りしかできなくなっていたが、今年はここ数戦連続して重賞5着に入ってきて前走も上がりは2位。7歳秋だがまだ上がり目は残っているだろうか。
頭数の割にはしょっぱいメンバーが揃っただけに上位に食い込むならここがラストチャンスか。


みやこS
◎エピカリス
来年はJBCが京都開催なのに伴って休止されるレースだが、別に京都大賞典の週に開催すればトライアル的な位置付けとしてもアリなんじゃないのか。
地方は日本テレビ盃と南部杯に分散するわけだし、1着馬に出走権とか付与したら集まりそうなものだけど。
海外帰りの前走は直線バタバタになっていたのに3着まで押し上げる健闘ぶり。並の馬なら惨敗もありえたシーンだったし改めて地力の高さに期待。
○タガノディグオ
ジャパンダートダービーは3着に頑張ったが続くレパードSでは―14キロと大きく馬体重を減らしてしまいレースにならず。前走も地方交流で馬体も戻りきらず力を出し切れていなかった。
今回は久々に遠征せずに出走できるし、人気も落ちて気楽な立場になったので古馬に胸を借りる気持ちでぶつかってほしい。
▲キングズガード
前走の南部杯は人気の追い込み馬たちがもがく中を最後まで伸びて3着を確保。久々だったのを嫌われた感じだったがフェブラリーSは芝馬でも勝てるが地方ダートは軽い馬じゃ無理。
1800と言うことで半信半疑みたいな人気だが1700~1800はまだ3着を外したことがないし、シニスターミニスター産駒もインカンテーションが勝っているので血統的にも合っているはず。
△シャイニービーム
中央未勝利から盛岡に移籍して3連勝、戻ってきてからもどこで走るのか掴めないカンパニー産駒の珍しいダート馬。遅咲きの面は父譲りっぽいが、この血統でダートを走るのはかなりレアな部類だろう。
人気はかなりないが京都1800で500万条件を勝ったときは単勝200倍超えの大万馬券だったし、まさかと思われている時のほうが怖い1頭。


京王杯2歳Sまでの成績【6/123 ―7620円】


喫茶店はナポリタン食うところ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク