パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(中山大障害&阪神C編)

サブちゃんの馬


この時期は競馬を知らない人でも有馬記念くらいは名前を知ってるので話題を振ってくるのですが、今年はキタサンブラックがいるせいで年配の方からもよく声をかけられる。
記念馬券を頼まれるのは結構なのだが『お釣りで当たりそうな馬券も買って』と必ず言われる。
そんなのわかってたら仕事してない。


中山大障害
◎オジュウチョウサン
春の中山GJを勝った後に故障をしたときは引退の可能性もあったが、無事に復帰すると前走では圧巻の走り。ひとまず落馬さえなければ止められる相手はなさそうだ。
敢えて重箱の隅を突くなら前走の走りすぎた反動が怖いくらいだが、ハードルレースを連勝してきたような平地紛いの障害馬ではないしやはり怖いのは落馬だけか。
○スズカプレスト
勝ち味に遅い点はあるものの、馬場や頭数に左右されない安定感でOPなら力上位。唯一の大敗も転入初戦と東京コースだけなら中山コースに替わるのはむしろ歓迎かも。
あとはメンバーがかなり強化される部分だけだが、GI馬2頭以外ならそこまで力の差はないと見えるのでいきなりでも。
▲クランモンタナ
いきなりの障害デビュー戦を勝利で飾ったが平地重賞にも色気を出して惨敗。その後は勝ち切れないレースが続いてしまったがスピード能力はさすがの脚を持っている。
8枠に入って内を見ながら先行できるのは第1障害で落馬の危険性が高いだけに有利だし、あとは熊沢騎手の手腕に賭けたい。
△アップトゥデイト
もはやオジュウチョウサンのライバルと言うよりは完全に目の上のたんこぶで、彼がいなければこの馬が天下を取っていただろう。もちろん、いなけりゃいないでオッズがこの馬に集中するだけだが。
付いていかないと離されるだけだし、かといってマークされる形は不利なのでいかに相手を慌てさせる走り方ができるかどうか。


阪神C
◎ダンスディレクター
一昨年が2着で昨年は4着とまずまずの適性を見せていて、今秋にはセントウルSも3着だった阪神巧者。アルデバラン2産駒はあまり目立った活躍馬が出ていないが、短距離兼用型なのは間違い無さそうなので狙い目は今後も1200~1400までで良いだろう。
バリバリのGI馬が人気に応えて快勝するようなレースでもないし、こうした一芸タイプが今年も走るような気がする。
○サングレーザー
連勝でスワンSも制し勢いに乗って挑んだマイルCSは最後にペルシアンナイトの強襲に遭い3着。勝ち馬の伸びが違うほど周りが止まっているように見えたが、こちらも一杯になりながら踏ん張っていて馬場適性の差が出ただけだろう。
ファイナルフォームやフィエロと言ったGIで少し足りないディープインパクト産駒が走るレースでもあるし、現状の能力からすればここらはお似合い。
▲キャンベルジュニア
2000でデビューしながら少しずつ距離を短縮されて現在は1400。父はフェアリーキングの系統だから2000タイプだが、母系はダンチヒ系なので1200でも最終的にはこなすかもしれない。
古馬になってからは中山に良績が偏っているように坂のある最後にパワーを求められるコースの方が良さそうなので、ここも適度に時計の掛かる展開になってくれたら。
△シュウジ
昨年の勝ち馬だが、今年は圧倒的人気で吹き飛んだ阪急杯を皮切りに惨敗続き。やっぱりフジキセキの系統は人気で買うのは気が引けるんだ。
先行で結果が出なかったので前走では横山典お得意のノリポツンをかましたが、流石に1200では無理があるように見えたし1400になれば多少は詰められる余地も。


朝日杯FSまでの成績【8/148 ―42290円】


馬券もお酒も飲まれるな>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク