パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(東京大賞典編)

さぁ結びの一番


今年も収支はマイナスで終わりそうですが、最後さえ当ててしまえばすべて良し。
有馬記念の大敗を取り戻すためにも気合いを入れねば。
人が入れ込み気味。


東京大賞典
◎ケイティブレイブ
帝王賞を出遅れながら直線でまとめて面倒見たように、やはり腐ってもサンデーサイレンス系。JBCクラシックも早めに抜け出したところを外から交わされただけで、差し脚はここでも上位だろう。
前走は内枠で前が詰まるのを嫌がったのか前々勝負で伸びきれなかったし、ここは直線勝負に賭けて一気に差し切りたい。
○コパノリッキー
JBCスプリントに挑戦したときは「一線級とはもう無理なのか」と思ったが、アッサリ前走は1800で巻き返し。楽に先手を取れたとは言え、何だよ衰えじゃねぇのかよ。
今回も南関東勢が何頭かは絡んでくるだろうが、外枠に入ったことだし内を見ながら出方を窺えばまた楽な位置から粘り込めるはず。
▲ヒガシウィルウィン
ジャパンダートダービー以来になった浦和記念はマイネルバサラに大差を付けられたものの2着を死守。道中の反応が休み明けを感じさせるなか、よく頑張った方ではないか。
3歳世代のダート路線が今一つ古馬相手に大きく出ていけてないだけに、この馬に掛かる期待は大きい。
△サウンドトゥルー
JBCクラシックでは最後に突っ込んできてGI3勝目を飾ったが、チャンピオンズCは後方ままで11着。中京のダートはかなり特殊な形態とは言え、ちょっと負けすぎなのは気にかかる。
今回も後方に構えて追い込む形になりそうだが、やはり早めに押し切る馬が現れるとなかなか頭まで突き抜けるのは容易ではない。


ホープフルSまでの成績【8/152 ―51890円】


フンガフンガ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク