パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(フェアリーS編)

角居厩舎解散ですか


実力的にも話題性でも存在感のある厩舎でしたが、実家を継ぐと言う珍しい理由で辞められるとか。
競馬サークル関係者は大体、身内同士で就職している人が多いからなおさら珍しく感じる。
そしてまた継ぐ家業が宗教なのも。


フェアリーS
◎プリモシーン
新馬戦こそトーセンブレスの大外一気に遭い2着に敗れたが、相手は阪神JFでも4着だったので悪い相手ではなかった。2戦目では順当に勝ち上がってきたし能力は重賞級だろう。
前走はディープインパクト産駒らしい差し切りだったが、新馬戦では番手から競馬もできていたので自在性を活かして外枠を克服したい。
○スカーレットカラー
デビューからずっと太宰が乗っているからか、強敵相手に善戦しているのに何故か人気のない馬。どこかで外人が乗ってりゃ前走あたり1番人気でもおかしくない。
アルテミスS5着に白菊賞では阪神JF2着のリリーノーブルと僅差ならここでも実力上位、人気のない内に買っておきたい。
▲グランドピルエット
中山の新馬戦を勝ち上がって東京のアルテミスSは惨敗、また中山のひいらぎ賞で3着と現状は坂のあるコースが良さそう。上がりも3位になったのが1度だけだし、スローの直線勝負は分が悪い。
母のザレマも関西馬ながら4勝中2勝をターコイズSと京成杯AHで挙げた中山巧者だったし、娘もそれに似ていればここは絶好の条件。
△サヤカチャン
逃げられたら重賞でも2着に粘れる能力はあるが、下手に控えると差すための脚は持っていない。父リーチザクラウンをそのまま牝馬にしたようなイメージ。
ここもハナを叩いてくる馬はいるだろうが、1枠なら行ききらないと包まれるし無理をしてでも逃げてあとはペース次第。


中山金杯までの成績【0/2 ―4800円】


神主かね>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク