FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(シンザン記念編)

誤植か?


朝から風雨で冷え込む徳島ですが、最高気温が16℃とか出てる。
え、ここから沖縄並みに暖かくなるとかないだろ…?
いくら南国とは言えスキー場あるんだぞ、徳島。


シンザン記念
◎カフジバンガード
前走1600で2勝目を挙げたように本質的にはマイラーになりそうなハービンジャー産駒。そもそもデビュー戦が1200だったしデインヒルと言うよりはダンチヒなのかもしれない。
例年に比べて新馬・未勝利を勝ち上がったばかりの馬が多く揃ったし、キャリアと実績の差で一枚上か。
○カシアス
函館2歳Sの勝ち馬はそろそろ頭打ちになってくる頃合いで、フジキセキ×デインヒル×ゴーンウエストだから上手く行けば早熟鍋底・ダメなら既に消費期限切れ。まさに見極めの一戦。
前走は1600で敗れて距離に一抹の不安は残るが、むしろファルコンSや葵Sで人気を背負って飛ぶイメージしかないので距離を嫌われているここのほうが買いやすい。
▲アーモンドアイ
新馬戦ではニシノウララの逃げ切りを許して2着に敗れたが、同馬はサフラン賞と京王杯2歳Sで掲示板に入っていたし単純なフロックではなかった。やはり早い時期は前で競馬ができる組に有利な展開が多いので仕方ない面もある。
未勝利を圧勝してはいるもののいきなり重賞で1番人気はやりすぎじゃないかと思うが、ここを牝馬が連対するようなら未来は明るいので牡馬相手にどこまで。
△ツヅミモン
デビュー戦は1600で1000の通過が61秒と言う新馬戦らしいスローペースだったが、直線での一騎討ちを制して勝ち上がり。母父ダンスインザダークばりのロングスパートで叩き合いをモノにした。
調教を見てもどうやら他の馬に被せられるとカーッとなるタイプのようだし、外枠の少頭数でスンナリ番手を取れるようならいきなり通用しても。


フェアリーSまでの成績【0/3 ―7200円】


一度だけ行った腕山スキー場>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク