パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(愛知杯編)

センター試験


毎年のように悪天候やリスニングなどでドラマが起こるセンター試験ですが、問題は大学に受かるよりもそこで何をして将来にどう繋げていくかなので躓いても人生の中では意外と些細なイベントですよ。
社会人になってから躓くよりは。


愛知杯
◎エテルナミノル
3歳時にはアドマイヤリードにも勝った経験のある馬だが、スンナリ先行できたときはしぶといが守勢に回ると競馬にならない脆さもあって足踏みが続いた。エンパイアメーカーはやっぱり兼用型に出るから得意なのは早めからの押し切りなのだろう。
エリザベス女王杯→ターコイズSと差しに回る展開と枠順に恵まれない感じだったし、久々に真ん中の枠から先行できれば重賞でも戦える地力はあるはず。
○レイホーロマンス
中央では勝ち上がれず初勝利は名古屋で飾った馬だが、再転入してからは一度も掲示板を外さない堅実さを見せている。兄スズカデヴィアスも昨年6歳にして重賞戦線で花開いたし遅咲きの系統なのだろう。
いきなり重賞で岩崎なのが気掛かりだが、牝馬は格よりも調子だけに具合が良い内に稼いでおきたい。
▲メイズオブオナー
ロードの馬だけど冠は付いていないのか。基準はよくわからないけど、シルクも冠を付けなくなったし拘る必要もないのかね。
初勝利は夏場のダートで挙げたが一つ勝つと勢いが付いたのかトントン拍子に出世してくる辺りがハーツクライ産駒らしい。まだ追い込み一辺倒っぽい面は見られるが、ハンデも50キロと恵まれたし愚直に直線勝負に賭けてどこまで。
△ワンブレスアウェイ
新馬戦では先週カーバンクルSを制したナックビーナスを差し切り、条件戦時代にはセイウンコウセイとも接戦をしていた馬。体質の関係かなかなか思うように使えなかったがジリジリと力を付けてOPクラスまで上がってきた。
府中牝馬Sは休み明け・ターコイズS出遅れと敗因はハッキリしているし、叩き3走目の今回こそ能力を出し切れるのでは。


シンザン記念までの成績【1/4 +17130円】


なぁ?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク