FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(川崎記念編)

どつぼにハマる


仕事中、機械がうるさいことを良いことにカラオケに興じることが多々あるのですが、何故かin the soupの川が脳内でループしてしまい離れなくなる。
しかもフルバージョンで流れるならまだしも、中途半端にサビしか流れないのでもどかしいこと甚だしい。
そしてメロ部分が思い出せない始末。


川崎記念
◎サウンドトゥルー
昨年は有力馬がかなり回避した関係で手薄になり、この馬のタダ貰いかと思われたがオールブラッシュにまんまと逃げ切られ2着。ホッコータルマエみたいな強力すぎる逃げ馬がいても辛いが、スローになりすぎても厳しいのが追い込み馬の難点。
今回も少頭数で逃げ馬不在と展開は向きそうにないが、それをはね除ける地力も付いてきただろうから今年こそ。
○アポロケンタッキー
昨秋は日本テレビ盃を制して上々のスタートを切ったが、チャンピオンズCを出走取消し東京大賞典は出遅れて4着と散々な結果に終わった。過去最多馬体重だっただけに仕上がりにも注文が付くところ。
年明けは東海Sを回避して乗り込んできたし、さすがにいい加減まともな結果を出さないとこの路線は下の世代の突き上げが厳しくなるのでGI馬の意地を見せてほしい。
▲アウォーディー
悪い競馬はしていないのだが如何せん人気の分だけ物足りない内容で、弟ラニもそうだったが年齢を重ねると生ずるくなってしまうのだろうか。父ジャングルポケットでここまでダート馬なのが凄いのかもしれないけど。
川崎はJBCクラシック勝ちがあり、この父系らしく左回りは前走のチャンピオンズC5着が最低着順になるほど得意なのでそろそろ勝ち負けの競馬で王者復権を狙いたい。
△ディアドムス
全日本2歳優駿の勝ち馬もドバイ遠征に長期休養などを挟みながら紆余曲折の末、南関東に流れ着いた。ウイポみたいに海外遠征をポコポコ使って順調にこなせるほうがおかしいんだろうな。
移籍してからは当地の水にも慣れてここ2走で連勝。いよいよ地元勢として迎え撃つ立場になったわけだしここは一角崩しを果たしてほしい。


根岸Sまでの成績【2/11 +24950円】


グループの名前通りに>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク