FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(東京新聞杯&きさらぎ賞編)

さぁ、今週も競馬に行こうか!


ガラッ!
20180204095457225.jpg


東京新聞杯
◎アドマイヤリード
1番人気の単勝オッズが5倍台と、メンバーが集まりやすく抜けた馬は斤量的に出走できないマイルGⅢらしい構成。さらに逃げ馬不在とあり展開まで読みにくいのが拍車を掛けている。
年明け初戦と言うことで、どれだけ冬場に仕上げているかがカギになりそうだが特殊なペースのヴィクトリアマイルを差しきれる脚を持っているし、牡馬相手でも内枠からグイグイ伸びてくるはず。
○リスグラシュー
常に上がり最速クラスの末脚で突っ込んできて昨年の牝馬クラシックを沸かせたが、ついに戴冠には到らず。ハーツクライ産駒の右回りGI成績からもオークスを取りこぼしたのは痛かっただろう。
こちらも年明けはここから始動となったが、調教でも抜群の動きを見せていたのであとはペースに合わせた仕掛けを打てるかどうか。
▲ダノンプラチナ
前走はシュウジが3コーナーでスムーズに捌けないのを尻目にスパッと抜けてきて鮮やかな差し切り。展開が味方したとは言え、明けて6歳でも長期休養を何度か挟んでいるので老け込みもマシなのかも。
昨年は4着だったが既に富士S勝ちがあり東京1600は庭みたいなものだろうから、ディープインパクト産駒軍団の筆頭として頑張ってもらいたい。
△ディバインコード
今回のメンバーをざっと見回して逃げそうな馬となると、4走前を逃げ切ったベルキャニオンか番手競馬を続けていたダイワキャグニーかこの馬。ただ、注文を付けて逃げたいタイプではないだけに出方次第ではすぐ控えそうではある。
そうなれば誰かが行けば埒沿いで溜められ、控えればやはり楽に先手をコースロスなく奪えるこの馬に展開が向くのでは。玉砕逃げなんて打つなよ?


きさらぎ賞
◎グローリーウェイズ
新馬戦をデムーロで勝ち上がり、2戦目はGIとかち合ったため乗り替わりで取りこぼし、今回は手戻り。良い馬に乗ってるから外人は勝てるみたいな論調もあるが、果たしてそれだけかなぁ?言い訳にしてない?と言いたくもなる。金を賭けてる側からすれば。
負けたカフジバンガードは重賞で掲示板級の実力はあるし、まともに走らせたらこの馬も同等以上の力はあるのではないか。
○カツジ
デイリー杯2歳Sは最後にジャンダルムの強襲に遭い2着に敗れたが、相手はホープフルSでも2着に来ていたし順当な能力だったのだろう。父はディープインパクトだが母メリッサはスタミナ血統の短距離馬だったので将来的には1600以下がベストだろう。
デビュー戦が大雨に祟られた秋の京都で差し切れていたし、少々馬場が悪化しても対応できる下地はあるはず。
▲ラセット
父モンテロッソはドバイワールドカップの勝ち馬だが、この馬はデビュー戦をダートで大敗すると芝に切り替えて2→2→1着。いずれも上がり最速で纏めており母系のアグネスタキオン×トニービンが強く出ているのかも。
まだ未勝利を勝ち上がったばかりなので力関係が難しいところだが、最後まで脚を伸ばせる競馬ができればいきなりでも。
△サトノフェイバー
母の名前を是非、大坪さんに読ませてあげたい。英語表記ならどうってことないだろうが、カタカナ表記だと頭悪い字面だ。
東京新聞杯もそうだが、こちらも逃げ馬はこの馬くらいでスローの牽制合戦が目に見えるので1000を62秒くらいで行って新馬戦の再現を狙いたい。


川崎記念までの成績【2/12 +22550円】


諦めもつく>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク