パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(クイーンC編)

小倉競馬が中止か


今年に入ってから雪が多く降っているわりに、降るのが週中になるお陰で開催中止にならなかったのが中山や京都を差し置いて小倉で最初の順延とは。


クイーンC
◎フィニフティ
新馬戦は番手から上がり3位で楽に押し切る正攻法の競馬で勝ち上がり。ディープインパクト産駒となるとつい後方からの豪快な追い込みを決めた馬のほうが評価が高くなりがちだが、スローの多い3歳春までは先行からの折り合いが付くかがカギを握るだろう。
勝ち上がってすぐに重賞なのでメンバーはかなり強化されるが、全兄のステファノスは富士S勝ちがあって東京1600合いそうなので妹もこの舞台なら。
○マウレア
桜花賞馬アユサンの妹として阪神1600ならGIでもと期待されたが、最後の一伸び足りずに惜しい3着。初の関西遠征でも力は出し切れていたし、クラシックへ向けてどれだけ成長できたかが注目点。
地力はここでも上位なのは間違いないし、デビューから2連勝した条件に戻るのでここも連軸視。
▲レッドベルローズ
こちらはディープインパクト産駒らしい追い込み一辺倒タイプで、前走を見ても前崩れになるかどうかで成績は乱高下しそう。スマートレイアーのように、どこで逃げても結果を出せるようになるかも出世の速さに直結しそうだ。
まだ他力本願な競馬になるのは間違いないが、エンジンが掛かったときの脚は流石ディープインパクト産駒と思わせるモノを持っているのであとは使い時。
△ナラトゥリス
新馬戦では芙蓉S勝ちでホープフルS4着だったサンリヴァルに敗れたが、上がりは最速で詰め寄っており2戦目で順当に勝ち上がり。赤松賞もマウレアの2着だったがやはり上がり最速で来ていて、溜めたときの爆発力はここでも一目置ける。
母イストワールは東京と新潟だけしか勝てなかった典型的なサウスポーだったし、父ルーラーシップもキングカメハメハ×トニービンと言う東京芝でこその血統なので前崩れになれば出番が回ってきても。


京都記念までの成績【3/16 +35990円】


四国も雪です>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク