パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(フェブラリーS&小倉大賞典編)

読み方


羽生が勝った!
羽生が負けた!
両方がニュースの見出しになると、何がなんだか。
スケートと将棋。


フェブラリーS
◎サンライズノヴァ
ジャパンダートダービーで6着に惨敗し歯車が狂った感じもあったが、復帰戦を鮮やかに差し切って能力の高さを改めて示した。賞金の関係もありビッグレースには使えなかったが、ここ2走は勝てないながらも安定して力を出せている。
以前は輸送で体を減らしやすいタイプだったのが維持できるようになったし、万全の態勢で臨めるならユニコーンSの再現がここであってもおかしくない。
○アウォーディー
歴戦の古豪だが意外にも東京ダートは初めて。芝では青葉賞やアルゼンチン共和国杯で掲示板もあるし、やはりジャングルポケット産駒らしく東京なら大丈夫と考えるべきか。
フラフラした競馬が続いていたのが川崎記念で久々にピリッとした脚を見せていたし、マイルの速さで刺激が加われば地力のある末脚を披露してくれるはず。
▲インカンテーション
1800は勝ち鞍も多いが大敗も多く、2100の白山大賞典を勝っているが母系もマキャヴェリアン×ポリッシュプレジデントだしマイルが意外とギリギリなのかも。
このレースは3年前に2着があって武蔵野S勝ちもあるし、前走の敗因が距離にあるなら今回は巻き返し必至。
△ロンドンタウン
エルムSではテイエムジンソクを退け、海外遠征のコリアCでは格の違いを見せ付けて完勝。昨年は佐賀記念へ行っていたが今年は堂々とGIに乗り込んできた。
帰国してからの2走は疲れもあっただろうが着実に内容も良化しているし、3戦目で更に前進できる余地は残している。


小倉大賞典
◎スズカデヴィアス
馬体重にかなり乱高下のある馬だが500キロ台では痩せすぎで520キロ台だと太りすぎな模様。人間なら20キロの増減なんかしたら病気を疑われるが馬だと誤差に感じる。
前走はベスト体重に仕上がったから好走に繋がったのだろうし、小倉遠征でも大きく馬体重を変動させなければ。
○クインズミラーグロ
マーメイドSやクイーンSでは差して結果を出していたのに、何故かエリザベス女王杯と愛知杯では結果も出ていない逃げで大敗。何を考えて競馬をしてるのか理解に苦しむレベル。
流石にここでも逃げるようなら八百長を疑いたくなるが、大外でこのメンバーなら無いと思われるので差しに回れば見直し。
▲ウインガナドル
こちらは逆に普通の逃げ馬だが、あの菊花賞を逃げ切れたらキタサンブラックになれる。3コーナーでズルズル後退したのもやむを得ないところ。
菊花賞の後に年内1戦した馬は苦しみ、年明けに出てきた馬は巻き返しているので同型の多い状況ではあるがクラシック組の意地を見せてほしい。
△サトノスティング
出世にはかなり時間を要したが今回のメンバーとも条件時代に何度も対戦した経験があり、いきなり重賞だからと言って気後れする程ではないだろう。フジキセキらしく色々な条件を使われていたからと言うのも理由だろうが。
最近はマクリが板に付いてきて作戦は決まっているので、3コーナーから下り坂の小倉ならマクリ脚が炸裂するかも。


ダイヤモンドSまでの成績【3/19 +28790円】


藤井くんが凄いってことで良いか>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク