FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(中山記念&阪急杯編)

スタミナ


ウイニングポストをゆるゆる始めたが、同じ長距離馬でも
国内三冠が獲れる(サクラスターオー・バンブービギン・ライスシャワー)>秋古馬三冠なら獲れる(スーパークリーク・タマモクロス・スルーオダイナ)>>>国内三冠は間に合わないし秋古馬三冠は史実馬に敵わないメジロマックイーンなのが納得いかねぇ。
2000が短いせいでBHBトリプルも獲れない。


中山記念
◎アエロリット
NHKマイルCからクイーンSも制して世代牝馬の代表格に登り詰めたが秋華賞では見せ場なく敗退。母父はネオユニヴァースだが父クロフネで母系からはスプリンターが多いし本質は1200メイン~1800までの馬だろう。
この条件もギリギリと言うイメージだが、小回りのO型コースなら距離も誤魔化せるだろうし最後の坂に対応できれば。
○ペルシアンナイト
昨秋はマイル路線に進路を決めてハービンジャー産駒が苦手にしていた京都1600で見事GI戴冠。大外枠を克服したと言う点でも評価はできる。
香港とドバイを見送り大阪杯→安田記念になるだろうから、国内専念する以上は下手な競馬で取りこぼしはしたくない。
▲ショウナンバッハ
後ろから追い込むとレースが終わった頃にしか飛び込んでこず、かと言って前走のような好位からでは切れ味が鈍る難儀な馬。相手は馬よりも上がりで、前が崩れるのが最低条件。
開幕週で少頭数だがマルターズアポジーとマイネルハニーが激しくハナを争えばかなりのハイペースが予想できるし、愚直に追い込んでどこまで。
△ウインブライト
スプリングSを勝ってクラシックに挑戦したがGIでは歯が立たず。マイナス12キロで重賞を目一杯やった反動もあっただろうし、2戦とも8枠だったのも影響はあっただろう。
秋は福島記念で古馬を撃破し中山金杯でも2着に好走。馬体重も増やしながら結果を出して充実著しいしGIレベルに胸を借りたい。


阪急杯
◎モズアスコット
フランケル産駒旋風の陰に隠れてデビューは遅れたが、着実に力を付けて前走では阪神C4着。フランケル自身も古馬になってから本格化してきた馬だったし、本来はこういう成長曲線を描く系統だろう。
休み明けで外枠に入り1番人気と、ちょっと期待され過ぎなのが気に掛かるがここで好走するようなら一気にGIも見えてくる。
○シュウジ
前走は何故か特に得意舞台でもない京都1600のOPを使い、道悪に脚を取られて先行からズルズル後退し惨敗。使うにしてももっとこう…あるだろう?
昨年は人気を派手に裏切ったが、フジキセキ系は1番人気になるとあんなもんだし半端な人気で気楽に福永がインで包まれる競馬をするくらいが丁度良い。
▲アポロノシンザン
6歳馬だが1年以上の長期休養を挟んだ経験があるため意外とレース数は少な目。サクラバクシンオー産駒らしく1200の休み明けを苦にしないのが良かった感じ。
前走の重賞挑戦は14着に終わったが、今回は1400の割に逃げ馬がダイアナヘイローくらいしか見当たらないメンバー構成なので8枠でも楽に先手を取れば開幕週の芝をスイスイ逃げられるのでは。
△ムーンクレスト
かつてはルージュバックのきさらぎ賞で5着もあった馬だったが、徐々に距離短縮されていき最近はもっぱら1400~1600に落ち着いた。アドマイヤムーン産駒だし最終的には1200でも走れそう。
阪神1400は重賞では奮わないが条件時代には掲示板を外したことのないコースだし、ダラッと先行して粘り込む競馬で残すことができれば。


フェブラリーSまでの成績【3/21 +23990円】


アイネスフウジンだってBHB獲れるのに…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク