FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(弥生賞編)

うずうず


まだ親善試合レベルだけど昨日の侍ジャパンを見てたらやっぱり野球は良いなぁと。
もうじきセンバツも始まるし、テレビに困らないのは嬉しい悲鳴です。


弥生賞
◎オブセッション
藤沢和厩舎にしては珍しく前哨戦を中山で迎える正攻法で来た。共同通信杯から直行とか皐月賞はパスして青葉賞からダービーとか平気でやるだけに、かなりの自信があるのだろう。
無敗のディープインパクト産駒3歳世代が揃い踏みで順序づけが難しいが、母母父にこのレースで相性の良いデピュティミニスターを内包している分だけ上に取ってみる。
○ダノンプレミアム
昨日はラッキーライラックが順当にトライアルを快勝して2歳女王の貫禄を見せ付けたが、2歳王者もそれに続けるか見もの。これまでのディープインパクト産駒とは違い、自分でペースを握って突き放すレース振りは追い込みしかできないタイプには脅威だろう。
あとは1600しか経験がないので2000でも同じ競馬ができるかと、母父ロベルト系のディープインパクト産駒は詰めが甘くなりやすい点は常に頭に入れておきたい。
▲ワグネリアン
新馬戦ではヘンリーバローズ、東スポ杯2歳Sではルーカスと評判馬を次々と撃破してクラシック戦線の主役を狙いに来た。GIを蹴ってまでここ一本に絞ったローテーションは本気度を感じる。
あとは福永がキングヘイローワールドエースらないかと、姉のテンダリーヴォイスがトライアル馬だったので本番でやらかさないかだけ。
△サンリヴァル
デビューから2連勝しホープフルSに挑んで4着に終わったが、追い込み勢が掲示板を占めるなかで唯一、先行していただけに価値がある。3着のステイフーリッシュが次走で大敗していたし展開に恵まれない中でよく頑張ったと言える。
芙蓉Sで既にこの舞台を経験済みなのはアドバンテージだし、ダノンプレミアムと馬体を併せながら直線で叩き合いに持ち込めたら。


オーシャンSまでの成績【3/25 +14390円】


ザッピング大好き>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク