FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(金鯱賞&フィリーズレビュー編)

兼六園


石川へ旅行となれば筆頭に挙がる名所ですが、バスの中で昼食会場で見学した酒蔵でと飲み潰れた連中を引き連れて入るような場所じゃねぇな。



金鯱賞
◎ヤマカツエース
昨年までは開催時期が変更されてもそれなりに頭数が揃っていたのに、今年は一気にメンバーが減ってしまい9頭立て。GIの前哨戦として定着させるために強豪が出てくると他が回避してしまうありがちなGⅡになっていきそう。
今回は揃いも揃って差し・追い込み馬ばかりの構成になってしまい、それこそサトノノブレスはラビット出走なのでは?と疑いたくなるが真面目にレースをするなら単騎逃げが見込めそうなこの馬が調教ペースでスンナリまで。
○スワーヴリチャード
アルゼンチン共和国杯から有馬記念に直行して右回りのGIでどうかな?と懸念していたが見せ場たっぷりの4着。タイムフライヤーがその後アッサリ右回りGIを制したのでハーツクライ産駒の認識も少しは変更する余地はありそう。
臨戦過程はこの中で一番まともなこともあり1番人気に推されてはいるが、今度はハーツクライ産駒の頭鉄板に飛び付いて良いものか眉唾な部分は否めない。
▲ブレスジャーニー
長期休養明けになった菊花賞は馬場も厳しい条件になり大敗、チャレンジC3着で巻き返したと思ったが、またすぐにGIに挑んで惨敗。中山金杯か白富士Sあたりから始動するほうがダメージも少なかったような気もするけど…。
ただ、ここまで掲示板を外したのがGIだけと言う見方もできるし、トライアルホースだと考えるならば次の大阪杯や宝塚記念は切り捨ててここで狙うのが正解かも。
△ダッシングブレイズ
1800までなら先行して粘り込むしぶとい競馬ができるが、2000ではこれまで4着が最高と距離の壁に当たってきた。サドラーズウェルズの系統で中距離が限界と言うのもおかしな話。
2000も3歳の時期に試してダメだっただけだし、エプソムCも勝てて重賞でも戦える力を付けた今なら克服できても。


フィリーズレビュー
◎アマルフィコースト
新馬戦ではフェアリーS2着のスカーレットカラーを抑えて逃げ切り、続く中京2歳Sでは牡馬相手に差し切って2連勝。ファンタジーSで3着に敗れたが多頭数で揉まれる展開を経験できたのは今後に向けては好材料だろう。
阪神JFを回避してきて間隔は空いたが、本番に向けて権利は必須なので仕掛け遅れないようにしたい。
○コーディエライト
新潟2歳S→ファンタジーSと逃げて2着に粘りGIに挑戦したが、さすがに簡単には自分の競馬に持ち込めず13着。人気のロックディスタウンが抑えきれず番手まで上がってしまい、スローに落としきれなかったのが痛かった。
今回も1400だけあって逃げ馬は揃ったが、外枠から内を見つつ出られるのでうまく本番を見据えた位置から競馬をしたい。
▲イサチルルンルン
パイロ×ハウスバスターと言う血統で芝の新馬戦からスタートして5着に敗れるとすぐさまダートに転戦。そこから時間は掛かったが勝ち上がると再び芝の500万に挑戦して追い込みを決めるなど、意外と芝で長く脚を使うほうが良いタイプなのかも。
距離も1200から延ばすごとに安定してきてるし、スタミナ比べの消耗戦になれば浮上してきても。
△アンコールプリュ
デビューから2連勝で来たが、チューリップ賞じゃなくてこちらに回ってきたあたりラッキーライラックが関係者の間でどれだけ警戒されているかがわかる。アネモネSなんか最早500万特別だし、トライアルOPとして機能していない。
今回が初めての重賞だが、そこまで能力が飛び抜けているような感じは受けないので単純に桜花賞で見てみたい血統を推す。


中山牝馬Sまでの成績【3/28 +7190円】


情緒…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク