パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(日経賞&毎日杯編)

あっという間に始まって


昨晩、帰宅してからセンバツが始まっていたことに気付いたが、徳島勢は出てないし広島は瀬戸内高校がもう負けたのでどこを応援しようか。
優勝予想すらしてなかったな。いかん、世の中の速さに付いていけてない、これが老いか!


日経賞
◎ロードヴァンドール
ダイワメジャー×ストームキャットと言う配合ながら2000を中心に使われ、2200以上は回数こそ少ないが連対を外したことがない。兄は父ブライアンズタイムでもマイラーだったが、弟は意外とステイヤーに出ているのかも。
人気馬2頭が海外遠征帰りでもあるし、目標が先にあるなかで無理に競り掛けても来ないだろうからそれを尻目にスイスイ逃げられたら。
○キセキ
無茶苦茶な馬場で行われた菊花賞を力強く抜け出して戴冠した昨秋最大の上がり馬。そこから更に香港に挑戦したが、早々に手応えが怪しくなっていたしやはり疲労が敗因だったか。
年明けはここから始動になるが、これまで広い左回りコースを狙って使われていたのがいきなり小回りの中山になって同じように走れるかが課題。
▲ゼーヴィント
セントライト記念ではディーマジェスティと接戦の2着に食い込みながら菊花賞には目もくれず福島記念。これが競馬の神様の逆鱗にでも触れたのか、やたら休養を挟むようになってしまった。
今回も8ヶ月ぶりになるが、ここで結果を出したのに天皇賞・春じゃなくて新潟大賞典あたりに出たらまた同じ目に遭わないか心配。
△サクラアンプルール
有馬記念でのダメージが懸念された前走だったが、どうにか4着に入ったので一安心。競馬を嫌がるようになる馬も出てきたりするので、まずは無事に回ってこれただけで収穫だったろう。
兄サクラメガワンダーも重賞だと2000が限界と言う馬だったが、有馬記念での手応えを見たら距離はこなしてくれそうなので後は揉まれないかだけ。


毎日杯
◎テイエムディラン
ダートで勝ち上がった馬だがOPで芝に挑戦するとスンナリ先行して粘り込み3着。ブラックタイド産駒でもあるし、ダートだけの馬と言うわけでもなさそう。
かなり骨っぽいメンバーは揃ったが、どれも差し・追い込み馬ばかりが揃ったので楽に先行できれば若葉Sみたいな大惨事も。
○ユーキャンスマイル
デビュー2戦はモタモタしていたところもあった差し馬だったが、一つ勝ち上がると前走も綺麗に差し切り2連勝。ずっと武豊が乗っていることもあり、脚の使い方は手の内に入れているだろう。
母ムードインディゴも忘れな草賞とローズSで好走して本番に繋げたし、子供も阪神をステップにして羽ばたけるか。
▲ブラストワンピース
なんかクラシックトライアル的なレースでやたら見るような気がするノーザンF生産馬×シルクレーシングの組み合わせ。結果を見るとノーザン関係者も本物はまだ渡してないような…。
デビューから無傷の2連勝で前走ゆりかもめ賞だったからてっきり青葉賞かと思ったが、ここに出てくるなら皐月賞も諦めていないと言うところでどこまで仕上げているか。
△シャルドネゴールド
新馬戦ではロックディスタウンに敗れたが、相手は重賞を勝っているし完成度の差が出ただけだろう。未勝利をすぐに勝ち上がってからは一貫して2000を使われており、距離はもう少しあっても問題なさそう。
池江厩舎の中で使い分けをしながら分担してトライアルを使ったならこの馬の優先順位はだいぶ下になるが、その分だけ乗り込みはされただろうから最後の枠に飛び込みたい。


阪神大賞典までの成績【3/34 ―7210円】


じゃあ◎大阪桐蔭(なげやり)>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク