FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(ニュージーランドT&阪神牝馬S編)

跡地にできるもの


大型ショッピングセンターができるようになって昔からの小さな商店が潰れていくのですが、空いた店舗が何になるのか見ていたらうどん屋。
コンビニ・コインランドリー・葬儀屋のどれかか、うどん屋ばっかり乱立されていく近所。


ニュージーランドT
◎ケイアイノーテック
デイリー杯2歳Sや朝日杯FSでも好走するだけの実力は持っていたが、賞金を加算できなかったがために年明けから条件戦へ。それだけにこぶし賞2着が痛かった。
タラレバになるがダノンプレミアムが皐月賞回避でフルゲート揃わず、抽選もないなら思いきって…と考えられなくもない素質だけにここで最低でも権利はほしい。
○ファストアプローチ
前走は出遅れがすべてで、直線でも最後に届かなかった分だけ道中に力を使ってしまったのが敗因だろう。アーモンドアイに勝てたとは思わないが、2着争いには加われたはず。
そこからは間隔を空けてゆったりローテでここを狙ってきたし、スタート五分なら今度は勝ち負けまでもつれ込める。
▲アンブロジオ
2連勝でOP入りを果たしたがその後はクロッカスS→ファルコンSで2・4着。いずれもダートで勝ち上がった初芝の馬に敗れたのが興味深い。
ただ、どちらも1400の距離短縮が合わなかったかもしれないし、2連勝した1600に戻れば巻き返してきても不思議ない。
△ペイシャルアス
ストロングリターンはシンボリクリスエス産駒のマイラーだったが、子供も芝1800以上ではまだ勝ち鞍がなく完全な1200~1600種牡馬になっている。母父タイキシャトルだし今後も権利を取れなかったら葵Sか橘Sになるだろう。
牝馬だし本来ならフィリーズレビュー辺りから始動したかっただろうが、延びた分だけ乗り込めたと考えたら権利のためにメイチに仕上がっているかも。


阪神牝馬S
◎リスグラシュー
牝馬クラシックではあと一歩届かずに戴冠を逃し続けたが、古馬になっての初戦でいきなり牡馬を退けて東京新聞杯を制覇。やはりGⅢクラスに留まる器ではないことを証明した。
一つ使って更に上昇ムードで来ているし、悲願のGIに向けて勝ち癖を付けていきたい。
○ジュールポレール
昨年のこのレースは3着で、秋にはエリザベス女王杯にも出走したが16着。母はエリシオ産駒ながら1400以下にしか勝ち鞍がなく、兄もサダムパテックだから1600が限界と見たほうが良いかも。
OPならスパッと勝ち切れる脚を持っているので、重賞でも同じような脚を使えるかがカギ。
▲ラビットラン
ローズSでは後方から驚くような末脚で一気に重賞勝ちを収めたが、秋華賞では届かずに4着まで。ただ、負けたのは平坦な京都と関東遠征だったターコイズSなので気にしなくても良さそう。
折からの雨で馬場も渋りそうだし、ダート経験もあるこの馬にとってはコース替わりともども好材料。
△エテルナミノル
愛知杯を勝ったのに前走も人気がなく、今回は一気に人気を落として12番人気。エンパイアメーカー産駒と言うのもあるかもしれないが、見限るのがえらい早いなぁ。
メンバーを見渡しても誰が逃げるのか分かりにくい状況だし、それなら八坂Sの時のようなスローの先行から押し切りを狙う形で一泡吹かせられるかも。


大阪杯までの成績【3/44 ―20410円】


粉もんは儲かるから…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク