パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(桜花賞編)

春の交通安全運動週間


毎年恒例、新人ポリスに小遣い徴収の仕方を教える週間がスタート。
大体、同じ場所でやってるのでみんな近辺を通るとスローダウンするのですが、やはり如何にも飛ばしそうなヤンキーカーが捕まってるのを見ると「あっちも社会人1年目なのかな」と思ったり。


桜花賞
◎ラッキーライラック
いいか、もう。
近年は断然人気の馬が桜花賞では飛んでいるが、サンデーサイレンス系で阪神JF→チューリップ賞と王道路線を走られたらブエナビスタの再来までは固そう。
1枠とか父オルフェーヴルも断然人気でやらかしたとか、重箱の隅を突ついて穴馬を探すくらいなら黙って流すほうが時間の浪費もなく建設的。
○アンコールプリュ
新馬戦を人気に応えて快勝すると中1週でつわぶき賞を勝てたのが大きく、トライアルを賞金で弾かれることなく臨めたのはローテ的にも楽になった。使えるかわからず仕上げないといけない上に権利を取れなかったでは元も子もない。
母オイスターチケットはクラシック出走は叶ったがお客さんで終わっただけに、見せ場以上の活躍で喜ばせてほしい。
▲マウレア
阪神JF3着からのクイーンC5着で「あれ?」と思ったが、チューリップ賞で再び2着に滑り込み本番に何とか繋がった。関東馬はどうしても輸送が絡むので馬体重を減らさずに戦えるかがカギになる。
前走も8キロ減っていて走る度に細くなっているだけに、440キロ台まで回復していればもう一丁。
△トーセンブレス
デビュー戦で見せた直線のごぼう抜きが忘れられない馬ですが、破った相手がプリモシーンだけになおさら印を外せないでいる。善臣
先生だと言うのに。
挫石でトライアルもギリギリのフラワーCまで延びたが、2着賞金で無事に出走へ漕ぎ着けたし爆発力なら世代屈指なので後は展開を待つだけ。

ニュージーランドTまでの成績【3/46 ―25210円】


やーいやーい>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク