パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(中山GJ&アーリントンC編)

配置転換1週間


引き継ぎをする予定だったが、5日間のうち3日で欠員が出たためそちらの応援に行ってしまい2日だけ。
月曜は見てただけで火曜~木曜が応援で実質金曜だけの引き継ぎ期間。
来週から大丈夫か…?


中山GJ
◎アップトゥデイト
これまでは溜め逃げを打つ感じで、スローの上がり勝負に持ち込もうとしたが体勢は変わらず。それを思い切った大逃げに切り替えた昨年の中山大障害では、最後の最後まで粘り通してあわやの2着と新しい境地を拓いた。
年明けも阪神スプリングJで同様の大逃げからスンナリ逃げ切り状態も万全。今度こそ王者に土を付けたい。
○オジュウチョウサン
昨年はJRAの障害重賞年間勝利記録を更新する活躍で、最後の中山大障害でも大接戦を制して見事王者に君臨。最優秀障害馬に投票しなかった記者は最低脳障害記者として表彰したいので名乗り出ろ。
本来なら本命にしたいところだが、前哨戦を使わなかったのではなく使えなかったと言う点を考慮して少し評価は下げたい。
▲マイネルクロップ
平地時代はダートでマーチSも勝った重賞ウィナーだったが、近年は追走一杯になりがちで障害に矛先を向けてきた。初戦こそ4着だったがスピードコースの中京で負けて襷コースの中山で連勝する辺り飛越能力の高さが窺える。
前走では長期休養明けとは言えニホンピロバロンに勝っているし、いきなりJ・GIでも通用する可能性は秘めているはず。
△ルペールノエル
先行でも差しでも競馬ができる障害では珍しいタイプの馬だが、上位人気の2頭に競りかけるには足りないようで前走も追い掛けて逆に交わされる始末。
今回は素直に差しに回りそうなだけに、上位進出を狙うならオジュウチョウサンより早く仕掛けてアップトゥデイトを交わしに行く競馬を見せてほしい。


アーリントンC
◎ピースユニヴァース
新馬戦は1800を使ったが徐々に距離を短縮していって1400で勝ち上がり。その後も短距離に照準を絞っており、母系のサニングデール×サクラユタカオーが存在感をここまでは示している。
ただ、クラスが上がるにつれて後方寄りの競馬になりつつあるし、本質的には追走が楽になる中距離あたりで終いを活かす競馬が合うのでは。
○ダノンスマッシュ
1番人気に推されたファルコンSだったが、後方から脚を伸ばしても掲示板を先行勢が独占する流れでは太刀打ちできず。もみじSでは番手競馬もできていたわけだから嫌な後方癖が付く前に修正したい。
朝日杯FS5着と距離を苦にしないのはわかっているので、人気を落として気楽な立場になったことで改めて見直し。
▲インディチャンプ
年明けからクラシック戦線で活躍の目立つシルクレーシング馬だが、アーモンドアイが桜花賞を制していよいよ魂を売った分を回収し出した。キャロットだけの一口会員辺り、苦虫を噛み潰したような顔をしてそうだ。
ステイゴールド産駒だが近年はウインガニオンやグランシルクのようなマイル重賞での勝ち馬も出てくるようになったし、もう父血統だけで1600を短いと判断するのは危険か。
△ラセット
きさらぎ賞はドスローで逃げた馬たちの一騎打ちになってしまい、3着に追い込むのが精一杯。それでもニュージーランドTを勝ったカツジに先着しており、使える脚は世代でも上位であることを証明した。
今回はラブカンプーあたりが飛ばしてくれればペースは上がりそうだし、京都よりは力のいる阪神芝で長く脚を使うような展開になれば再度浮上。


桜花賞までの成績【3/47 ―27610円】


理不尽が人を育てる>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク