パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(皐月賞&アンタレスS編)

浮かれすぎ


さぁクラシックや!と張り切って家を出て、高速まで使ってウインズ来たら開館前でやんの。
ダービーや有馬記念は少し早く開館したりするから気が付かなかったが、開館時間は9:10なのね。


皐月賞
◎タイムフライヤー
ハーツクライ産駒で中山GIはどうだろうか?と言われたホープフルSを後方から追い込み一気で戴冠。普通のハーツクライ産駒なら2~3着までの競馬になるところを勝ち切れたのは普通じゃない証明。
前走も道中から追い通して動く気配すら見せない不可解な敗戦だったが、お行儀よく纏めるタイプの馬じゃなさそうだし評価を落とした人間を嘲笑うような末脚で返り咲く。
○ワグネリアン
ダノンプレミアムの皐月賞回避で混戦ムードが高まったが、蓋を開けてみれば押し出されるように1番人気になったのはこいつか。キャリア2戦のキタノコマンドールが3番人気になるくらいだから、異常事態と言えばそうなるが。
馬の能力だけならもっと評価しているしダノンプレミアムがいたとしても上に取っていた可能性もあるが、如何せんディープインパクト産駒の福永と言うとワールドエースの影がちらついて。
▲オウケンムーン
名前だけ聞くとアドマイヤムーン産駒だと勘違いしそうだがトニービン系オウケンブルースリ産駒。ロジのオーナーが所有すればブルースリーまで名前は入るけど、ブルースリで止めるのかな?
何せ彼しかオウケンブルースリ産駒のOPがいないので血統の額面通りに東京>中山なのか判断しにくい部分もあるし、買ってみてどうなるか楽しみなオッズでもある。
△エポカドーロ
ここまで堅実には走っているが派手にぶっちぎったり鮮やかに追い込んだりするわけではないせいか、イマイチ話題に上がってこないオルフェーヴル産駒。レッドヴェイロンやスーパーフェザー辺りに先着したりもしてるのにね。
あすなろ賞では雨の馬場を経験して勝っているし母ダイワパッションは4連勝でクラシックに参戦した早熟タイプでもあったので、追い込み馬たちが馬場に脚を取られるようならその隙に押し切りを狙いたい。


アンタレスS
◎トップディーヴォ
OPにも何度か挑戦をして重賞にも出ていたが、昨夏に新潟で勝ったのを切っ掛けに重賞でも好走できるようになりここ2走は地方交流重賞で連続2着。母母父がブロードブラッシュだけに、ようやくエンジンが掛かってきただろうか。
久々に中央でのレースになるが逃げ馬も少なくあまりペースは上がりそうにないので、追走さえ楽に行けたらここでも。
○ディアデルレイ
師走Sを楽勝したことで重賞でも人気に推されていたが、東海Sはテイエムジンソク相手で逃げられず・マーチSは行き脚が付くまでに時間が掛かり先行勢に突つかれる展開と、この母系らしい脆さを見せた。
それでもタイム差はコンマ7秒と大敗でもないし、今回は同型不在で馬場も渋りそうだし粘りも増せば巻き返せるはず。
▲マイネルバサラ
ダイオライト記念は上位2頭のマッチレースに付いていけず3着だったが、相手はいずれもGI馬だったし仕方ない面もあるだろう。普通はかしわ記念かドバイに行くから出てこないもの。
水の浮くような馬場だった浦和記念を圧勝していて馬場適性は大丈夫だろうから、大外枠からマクリ一発で再現できるか。
△アルタイル
かつてはユニコーンSでノンコノユメの3着にも入ったことのある馬だったが、随分と差が付きましたな。いつの間にやらあっちはオネェになってるし。
それも含めてマーチS3着など重賞でも戦える能力は秘めているので、スタミナを問われない上がりの競馬になれば1800でも対応可能。


中山GJまでの成績【3/49 ―32410円】


寒~い>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク