パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(福島牝馬S編)

スルスル


配置転換されてから2週間、何が良いって慣れない仕事に取り組むと余裕がなくなるからすぐに時間が過ぎること。
時計を見ながら仕事するとなかなか休憩にならないが、時計を見る暇さえないといつの間にか休憩時間になってるから得した気分。


福島牝馬S
◎ロッカフラベイビー
血統的に期待されて過ごしてきた馬だが、どうもズルさを身に付けてしまったのか追い込んで直線だけ頑張れば良いんでしょ?みたいな競馬ばかり。それで中途半端に結果を出すから相手が強くなって何もできない感じ。
集中力が持続しないタイプだけに少頭数にコーナー4つの小回りコースで直線が短く平坦、この春に見切りを付けられなかっただけに好走できるならスポットを絞って狙いたい。
○デンコウアンジュ
昨年は4着だったが3コーナーからマクリ一発で飛び込んでくる見せ場たっぷりの競馬。メイショウサムソン産駒だが追い込み一手で、器用だった父らしくない豪胆さが売り。
昨秋の休み明けから馬体重が増え続けているし、好走時には440キロ台で走ることが多いので福島遠征で絞れれば。
▲カワキタエンカ
クラシックでも一員として戦えてはいたが、勝ち負けするには展開の助け以上のものが必要な感じで足りなさを痛感した。年明け初戦は叩き台で前走の中山牝馬Sは稍重馬場にスローペースを持ち込んで上手く逃げ切り。明けて地力を増してきた。
やることは今回も変わらないだろうが、中山牝馬Sの再戦と言ったメンバー構成だけに簡単に逃がしてくれるかがカギ。
△トーセンビクトリー
連覇を目指した中山牝馬S
は4着に終わったが、AJCCでは牡馬に混じって上がり最速を叩き出すなど充実して古馬牝馬戦線に今年も顔を出してきた。この血統だけに何とか勲章を嫁入り道具にしたいところ。
芝1800は東西や重賞を問わず常に掲示板を外さない舞台で得意にしているし、もう一押しあれば連対圏内まで。


皐月賞までの成績【3/51 ―37210円】


いつまで続くやら>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク