パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(天皇賞・春編)

マイノリティ


POGりんに限らず、これまでPOGであまり他人と被ることがなかった(初POGでセイウンスカイ指名したり)関係で人と違った馬ばかりになっていた。
特に気にしていないし獲りたい馬を獲れるわけだからむしろ得じゃね?と思っていたが、先日に当たったPOG本を読んで納得した。
最終リストに残した馬が本当に載ってない。
エース馬に予定してる馬ですら載ってない。


天皇賞・春
◎レインボーライン
昨秋は王道路線を突き進んだが天皇賞・秋3着が最高成績でキタサンブラックには歯が立たず。まぁ、アレに真っ向勝負で勝てるようなら既にGIの一つや二つ勝てるだろうさ。
年明けからここを目標にして阪神大賞典も快勝。菊花賞2着と距離適性も見せているステイゴールド産駒ならいよいよ戴冠の準備は整った。
○サトノクロニクル
大雨に祟られた昨年の菊花賞は着順こそ大敗だが、勝負所で置いていかれて巻き返しながら直線で順位を上げたもの。潜在的なスタミナで言えばやる気を削がれてもおかしくない展開で最後まで伸びたのは評価できる。
京都新聞杯2着に白百合S勝ちと京都適性はあるだろうし、過去4年連続で馬券に絡んでいるハーツクライの血統を信じて。
▲ガンコ
ダートの条件戦を使っていた馬が芝のGIへ、なんてフィーチャーされてるが新馬戦に至っては芝1200でデビューしている。しかも2着なんだから訳がわからないよステイゴールド系。
ここ10年で初GI挑戦で勝てたのはマイネルキッツとアドマイヤジュピタの2頭。無理やり共通点を探せば複数回重賞で馬券圏内があるくらいなので、チェスナットコートよりはこちらを上に取る。
△トーセンバジル
昨年までは煮え切らないハービンジャー産駒と言うイメージしかなかったが、新潟記念で何かのスイッチが入ったのか香港ヴァーズでも3着に頑張ってひょっとしたら本格化してきたか?
昨年の阪神大賞典3着があってマイルCSでペルシアンナイトが京都を克服したし、今春もハービンジャー旋風を巻き起こすか注目。


青葉賞までの成績【3/55 ―46810円】


九州産なんて載ってねぇ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク