パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(かしわ記念編)

オールナイト


かしわ記念と言うといつもはゴールデンウィークの真ん中辺りでデイ開催されていたイメージだったのに、今年は平日に行われるから観に行けないな~なんて思ってたら何とナイター開催。
かつての福山→高知連携ナイターを彷彿とさせる大井→船橋の南関東連携ナイターなんて派手なことやってるのか。
くっ、ワイの財布を根こそぎ吸い取る気やな!


かしわ記念
◎インカンテーション
長期休養から帰ってきてしばらくは二桁着順が続いたものの、昨年のマーチSで復活すると東京大賞典以外は馬券に絡む安定感を取り戻した。フェブラリーSでも3着と8歳馬とは思えない充実ぶり。
何度も対戦してきたメンバー構成だけに、昨年2着のコース経験によるアドバンテージがある分だけ上に取りたい。
○ゴールドドリーム
昨年のドバイWC遠征でシンガリ負けした影響が長く引きずる形で不振に陥っていたが、チャンピオンズCで8番人気の低評価を覆して快勝。連覇を狙ったフェブラリーSは2着だったが、最後にうまく抜け出されたもので強い競馬をしたのはこちらだろう。
地方遠征はこれまで勝利がないが、大井ほどは深くない船橋ならもう少しやれてもいいのでは。
▲オールブラッシュ
うっかり川崎記念を勝った関係で使えるレースが少なくなってしまったが、ウォーエンブレムの血が近いところに入るとGIをアッサリ勝つ代わりに条件レベルの馬にもアッサリ負ける脆さも同居する気がする。
今回は逃げ馬が見当たらない状況で内枠に入れたし、揉まれずにスンナリ先手を取れたら意外に粘れた川崎記念の再現も。
△ノンコノユメ
二つ○を捨ててちょっぴり大人さ。
なんて歌ったわけではないだろうが、虚勢の効果で活躍できたのだからもう走れるだけ走るしかないだろう。
ただ、追い込み一手で大外枠に入り、直線が長いとは言えフェブラリーSのようなハイペースは見込めそうにないメンバーだけに頭まで突き抜ける展開になってくれるか。


天皇賞・春までの成績【3/56 ―49010円】


自嘲するけど自重しない>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク