パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(京都新聞杯編)

似ている部分


ゴールデンウィークに帰省したらオカンから「掛布が亡くなった」とか言われて、マジで!?と調べたがそんなニュースは出ておらず。
よくよく話を聞いたら衣笠と間違えてた。
野球に興味のない人間が写真だけで判断するとこうなるのね。


京都新聞杯
◎レノヴァール
デビューからずっとテレンコな成績を辿っていて、それが続くなら今回は走る番。ハーツクライ産駒だし、人気が少し落ちたくらいが狙いどころ。
スプリングS組は先週もゴーフォザサミットが青葉賞を制していたし、あのレースで差して届かなかった馬はここ以外でも要注意。
○フランツ
ルメール・デムーロでは勝っていて福永では5着。わかりやすいな、キミ。
3コーナーで置いていかれる場面が見受けられるので仕掛けに関しては乗り手を選ぶ馬なのは間違いないだろう。それだけにデムーロが継続騎乗してくれる今回は賞金加算して本番に望みを繋ぎたいところ。
▲レイエスプランドル
新馬戦では京都2歳S勝ちのグレイル・次の未勝利では若葉S勝ちのアイトーンとOPレベルの馬にやられたが、年明けの小倉で勝ち上がると2連勝。早い時期にOP級と戦ってきた経験は無駄ではなかったと証明した。
ここ2走は先行しているが元々は3角マクリでも競馬をしていた馬だし、馬場状態に合わせて作戦を変えられるのは強味だろう。
△アドマイヤアルバ
ここまで8戦して1度も4着以下無しと言う抜群の安定感を誇っているが、同時に何度も単勝1倍台で2着にコケているので単勝馬券に突っ込んだ人はかなり痛い目に遭っているだろう。まぁ、ハーツクライ産駒の単勝1倍台を信用するほうが個人的にはアレだと思うけど。
今回はバッチリ人気を落としたしコケているのは少頭数の上がり勝負ばかりなので、頭数の多くなった乱戦必至の舞台でこそ真骨頂。


かしわ記念までの成績【4/57 ―18740円】


二人の共通点…あっ(察し)>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク