パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (ありがとう 15000HIT)

今日のボックス(NHKマイルC&新潟大賞典編)

ゴールデンウィーク最終日


競馬にお出掛けしてたら近所の奥様から「あら、若いわね~ウチのは最後の休みだから朝から寝るしかしないのよ」なんて言われる。
お子さんも小学生になったから大変ですよね~なんて返したが、そうか、世のお父様はそうなるのね。


NHKマイルC
◎ギベオン
社台F生産でこの血統で芝1800でデビューしておきながら毎日杯2着から皐月賞やダービートライアルには目もくれずここに照準を合わせてきた。デムーロを鞍上に配してきたあたりにも社台レースホースの本気度が感じられる。
最近は聞かれなくなったが1600のGIを勝つには距離短縮の臨戦過程を辿ってきた馬が有利でもあるし、ここの結果次第ではタニノギムレット・ディープスカイまである。
○ケイアイノーテック
最後の最後でサトノオンリーワンに流れたのがここまで響くとはなぁ。POGと言うのは人を狂わすぞ。
これまで掲示板を外したことがない上に負けた相手も重賞で結果を残しているし、当初からマイル路線に絞ってきたローテも本番で活きてくるはず。
▲ルーカス
ホープフルS→スプリングSと大敗したためすっかり人気を下げているが、この馬もワグネリアン同様に小回りの中山は苦手で東京の長い直線で脚比べになれば能力を発揮しそう。
追い込みだけしかできない不器用なタイプだけにうまく馬群を捌いて来れるか。
△カツジ
前走はそれまでの先行とは正反対の追い込む競馬を見せてきたがうまくスルスル抜けてきて快勝。ディープインパクト産駒なんだから本来はこういう競馬が得意なんだろうけど、いきなりあんな脚を見せられたら今までのは何なのさと言いたくなる。
ニュージーランドT勝ち馬は本番に繋がらないデータの関係で人気もないが、アーリントンCの施行時期が変わったわけだし過去のデータも一度リセットすべきでは。


新潟大賞典
◎トーセンマタコイヤ
先行タイプではあるが時たま逃げてしまうスタートの良さが仇になり前走は目標にされてしまい6着。詰めが甘くテレンコ気味な成績からも気分屋的な性格が見え隠れする。
今回は逃げ馬が揃ったので無理に先行することはないだろうし、かつてはゴールドアクターを差し切った末脚をここで発揮してもらいたい。
○トリオンフ
小倉大賞典を制した勢いで挑戦した大阪杯は、早めに進出したスワーヴリチャードを捕まえにいくマクリを見せたが直線では伸びず。最後は力負けした感じだったが、見せ場充分の内容で評価はできた。
それもあってか1番人気に推されているだけに、周りがマークしてくる展開で今までのような競馬をできるかどうか。
▲スズカデヴィアス
昨年の白富士Sで差しが決まってから後方競馬が定番になっていたが、ずんずん後ろからの位置が下がっていって最近はもう追い込みに近い位置からの競馬が続いている。極端な競馬に活路を見出だす馬は多いので別に悪いことではないが、馬券を買う側からすると何とも買いにくい。
1枠に入ってもやることは一緒だろうから、経済コースを進んで直線でスムーズに外へ出す理想の展開になれば。
△マイスタイル
半年ぶりだった前走はこれまで通りの逃げから2着に踏ん張り、さすがダービー4着馬と言う貫禄を見せた。クラシックで微妙な活躍をすると条件戦で躓く馬が多いだけにまずは一安心。
叩き2走目で上昇はしているだろうが、相手も簡単には逃がしてくれないだろうからスローペースに持ち込めるかどうか。


京都新聞杯までの成績【4/58 ―21140円】


独身貧族>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク