FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(優駿牝馬編)

オペラオーもか…


スペシャルウィークが先日、亡くなったところへテイエムオペラオーの訃報が。
芸能界でも球界でも一時代を築いた大スターが亡くなり、いよいよ平成が終わるんだなぁと言う気持ちと共に「それだけ歳とったか…」と愕然としたりする。


優駿牝馬
◎ラッキーライラック
桜花賞では今まで通りの先行から早めに抜け出して押し切る完璧な競馬をしたが、1頭だけおかしい脚を使って大外から強襲されてしまい2着。例年ならあのまま堂々と駆け抜けていただろうし、まさに展開のアヤ。
2ヶ月連続開催の7週目阪神芝とは違いBコース2週目の高速東京芝で悠長に外を回していたら間に合わないだろうから、変に気負わず経済コースを通って馬場の真ん中を走らせれば今度は先頭で突き抜ける。
○サトノワルキューレ
フローラSでは出遅れて後方からになった時点で終わったと思っていたが、いつの間にやら馬群を捌いて直線一気の末脚で勝利してみせた。これぞディープインパクト産駒と言う伸びだっただけに鞍上込みで3番人気なのも仕方ない。
それでもスタートに不安を残しているのは間違いないし、大観衆の前からスタートする東京芝2400でテンションが上がりすぎてしまわないか心配。
▲カンタービレ
母系がサドラーズウェルズ系のディープインパクト産駒は、切れ味を削がれるような形になるのか詰めの甘いタイプになりがち。この馬もデビューから2戦は勝負弱さを見せていたが、1つ勝てば重賞でも格負けしないのもサドラーズウェルズ系。
さらに相手を強化してGIに勝負してきたが、スタミナ比べならヒケを取らないだろうから早めの進出で後ろに脚を使わせたい。
△レッドサクヤ
桜花賞はラッキーライラックを意識していつもより前で競馬をしたが、結果的に最後の伸びを欠いた。これまでも連対は差すか追い込んだときなので、今回は腹を括って後方から脚を溜める競馬になりそう。
姉のエイジアンウインズはヴィクトリアマイル勝ち馬・エバーブロッサムもこのレースで3着と東京GIには相性が良いし、血統から来る大穴なら彼女か。


平安Sまでの成績【4/64 ―35540円】


あわわ…!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク