パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(東京優駿スペシャル&目黒記念編)

そわそわ


ヒャッハー!我慢できねぇぜー!
前置き無視で予想だ!


東京優駿
1枠1番
○ダノンプレミアム
今年のダービーはまず、この馬の取捨がすべてを握っているといっても過言ではなさそう。当たり障りのない印を打ってしまう自分が嫌になるが、この枠に入られては無印にするほうが勇気がいる。
弥生賞を勝ちながら頓挫で皐月賞を棒に振り、ダービーで巻き返してきた馬となるとダンスインザダークを思い出すが、彼ですらプリンシパルSを叩いて本番に出てきただけにまったくの2ヶ月ぶりがどうでるのか半信半疑。
1枠2番
タイムフライヤー
幽霊の正体見たり枯尾花。
ハーツクライ産駒初の右回りGI制覇で少し色眼鏡をかけたところがあったが、何のことはないホープフルSをGIと認識することが間違いだった。
賞金の関係で当分は重賞戦線で戦わないといけないし、かなりの時間はお客さんでいいような気がする。
2枠3番
テーオーエナジー
こういう馬がいるからユニコーンSを同じ日の12Rに配置して目黒記念をオークス週の12Rにするとかしてほしいんだ。2分30秒台で決まるようなイギリスダービーならまだしも、2分25秒台を平然と切るような馬場でいきなり芝を走らされたらデンシャミチみたいなことになるんだから。
馬主にとっては記念かもしれないが、命を落とすのは馬なんだぞ。
2枠4番
アドマイヤアルバ
この馬がダービーに間に合わせてくるとはフローラルウォーク賞の時には夢にも思わなかった。ハーツクライ産駒の皮を被ったステイゴールドみたいだ。
未勝利時代から重賞を勝っている馬とも2着しているので地力はここでも見劣らないだろうが、如何せん3着を取れるかと問われると黙ってしまうだけに。
3枠5番
キタノコマンドール
普通の馬名なんだけど、たけしが命名したと聞くとコマンの部分に何か別の意味を見出してしまって仕方がない。まったく下心がないと言い切れないもの。
すみれS勝ち馬からはフサイチコンコルドが出ているので強気に出る人もいるだろうけど、それ以外の一部になるような気がしてならない人気先行型と見る。
3枠6番
ゴーフォザサミット
前走は藤沢和厩舎の馬らしい中山→東京替わりの一発で、共同通信杯も4着だが上がりは最速だったのでやはり合うのは東京なんだろう。
ただ、例年の青葉賞勝ち馬と比較したときにダービーで馬券に絡んできた馬とのレベルはどうなんだ?という部分で見劣るだけに今年は無印。
4枠7番
コズミックフォース
今シーズンも何とか別POGですがダービーに出走馬を送り込むことができて安堵。下手したらリョーノテソーロでダービーを見ないといけない可能性があっただけに。と言うか葵Sに出なさいよリョーノテソーロ。
プリンシパルSもダービートライアルとしては悲惨なものがあるローテだし、京都新聞杯に少し権利を譲っても良いんじゃないかと思う。アネモネS同様。
4枠8番
◎ブラストワンピース
2番人気ってか!みんな考えることは同じですなぁ。
すでにゆりかもめ賞で東京2400を経験済みな上に毎日杯ではNHKマイルC2着のギベオンを撃破していて能力は疑いようのないところ。
あと気になるのは父系がデインヒル×ベーリング、母系がキングマンボ×フジキセキでスタミナのよりどころがまるでないところだけ。
5枠9番
オウケンムーン
共同通信杯を勝っているので東京に替わる今回は確かに狙いやすくなるが、ここまで戦ってきた相手のその後が今一つなのと皐月賞では見せ場すら作れていたなかった点を考慮すると…。
オウケンブルースリも数少なくなってきたトニービン系の後継種牡馬だけに頑張ってほしいが、勝ち負けまでとなると静観妥当。
5枠10番
ステイフーリッシュ
この馬が京都新聞杯を勝っているのがトライアル組の評価が下がっている原因。共同通信杯のしょっぱいレース振りから、大逃げ馬の番手からタナボタ押し切りの前走とまるで地力を感じない。
このあとにラジオNIKEEI賞とか出てきても人気で飛びそうな気がしているので、うっかり買わないようにしたい。
6枠11番
ジャンダルム
早く1200を使ってくれないかな。むしろこの後は函館SSでもキーンランドCでも頭固定で勝負したいくらい。
スローのよーいドンで勝負すれば距離も誤魔化せるが、皐月賞のようなGIで周りが勝ちに行く競馬をしてスタミナを問われれば脆いのはわかっているので更に動きが激しくなるダービーは厳しさも増す。
6枠12番
▲エポカドーロ
皐月賞でも印を打ったが頭までは考えていなかったので反省。と言うか、馬主で判断して印を落としていたなんて言うのは内緒だ!
父ステイゴールドなので距離に関しては心配はないし、皐月賞馬なのにやたら人気がないのもこの父系には好都合なのでフロック視されているならここでも大仕事をやってのける。
7枠13番
グレイル
JRAの考え方としては500万条件の馬がダービーに青葉賞3着権利とかで出てくるのが嫌なんだろうけど、じゃあこの馬の存在は良いのかよ?という話。
これに降級制度がなくなるわけだから、下手に賞金を稼いでクラシックで頭打ちになったら世代の中でも永遠にOP馬のままさまよう凡馬が量産されるわけで。そこんとこも考えて策は施行しなさい学歴だけの烏合の衆ども。
7枠14番
エタリオウ
この馬凄いなぁ、4戦連続2着でどれもハナ差。まぁ、前走は3着馬とハナ差だったけど、そのおかげでここに滑り込めたわけだから。
更には唯一の1勝馬なので、このまま最強の1勝馬としてクラシック戦線を盛り上げる存在になっていってほしい。個人的には和田に乗ってほしかった…。
7枠15番
ステルヴィオ
皐月賞を見てみんな露骨に捨てるディオ。あんだけロードカナロアは距離をこなせるだの、ジャンダルムはダービーでもマイラーはOKって言いながらステルヴィオは無視だの。
私も、ロードカナロア産駒を全部アーモンドアイ扱いしたら痛い目にあうと思っているので無視を決め込みます。来たらごめんなさい。
8枠16番
△ジェネラーレウーノ
今年のダービーは誰が逃げるのかすらわからない状況で、可能性のありそうなサンリヴァルが18番枠に入ってしまっただけにいよいよダノンプレミアムが枠なりで先頭に立ってしまうのではないかという懸念すらある。
この馬もその意味では逃げる可能性がある1頭だが、できれば前に馬を置きたい先行馬なので突然の大逃げ馬が出てくる展開になれば皐月賞の再現も。
8枠17番
ワグネリアン
試練は続くよ福永。ワールドエースのときに勝てなかったのがすべてかね。
少頭数の時にはバレなかったけど、頭数が増えるごとに不器用な面が目立つようになり皐月賞では調教師自ら弱点を曝け出すヤラズっぷり。これでダービー勝てるなら的場文もダービー勝てるぞ!
8枠18番
サンリヴァル
さて、困りましたな。逃げて穴を開けるならこの馬だろうなと思いながら作戦を組み立てていたのがまさかの大外枠。昨年も1番人気のアドミラブルが3着に敗れたように、やはりCコースに替わる中で8枠は不利。
前走も先行で結果を出しているし、この枠で無理はしたくないだろうから控える先行でどこまで競馬ができるか。


葵Sまでの成績【4/66 -40340円】


目黒記念は追記に>胴長熊猫
目黒記念
◎ノーブルマーズ
3歳時には逃げて粘り込む脚でマカヒキの2着などがあった馬だったが、徐々に脚質転換して最近は専ら好位先行タイプに。極端な戦法に変わる馬はいるけど、正攻法に活路を見出だす馬は珍しいのでは。
久しく聞かれなくなったが東京ならトニービンの血が有利に働きそうだし、Cコース替わりの内枠も好材料。
○フェイムゲーム
まだまだ元気だ8歳馬。
もう終わったかな?と思わせながらステイヤーズS→ダイヤモンドSと自分の庭ではしっかり仕事をするわけだから。
天皇賞・春には出られないのもあって3ヶ月ぶりに59キロは仕方ないところだが、昨年の勝ち馬でもあるし得意舞台では軽視禁物。
▲パフォーマプロミス
日経新春杯で重賞初制覇を飾り、3着だったガンコが天皇賞・春路線を盛り上げたこともあってなおさら評価は上がる。ステイゴールド産駒はナカヤマフェスタのように一気にGIまで上り詰めるので、ここの結果次第では宝塚記念なども視野に入ってくる。
この馬も久々になって人気を背負うので、歴戦の古馬相手の多頭数に対応できるか。
△ホウオウドリーム
OPでも戦える力を付けてきたのは間違い無さそうだが、どうにも追い込み一辺倒の脚質は上のクラスになるほど不利。前走のような脚を余して負けるような展開もこれからは増えてくる。
今回は更にフルゲートになって捌くのが難しくなるだけに、インを突ける1枠が有利になるかどうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク