パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

僕ら持ち歩く心は一つさ

POG2017~18シーズン終了


POGりん昨シーズンはとにかく事前の情報にひよってしまい、ケイアイノーテックを外してサトノオンリーワンに流れたこと。
最初の信念を貫いていれば、例え走らなくても自分に納得ができる結果となるものだ。と言うのを改めて感じられたシーズンでした。
その意味を考えながらリストを作成しましたが、JRA―VANから届いたPOGの黄本を見て余りにも取り上げられていないので「やっぱ自分の見てるところは世間とズレてんだな」と思いましたとさ。
さて、POGりん今シーズンの精鋭10頭。


1位レッドレイル(牡・ディープインパクト×ナイトオブドバイ)
昨年のセレクトセールが終わった段階で「こいつをエースにする」と決めていた馬。マイルールに合う血統の社台F生産で馬主は東京HRの角居厩舎に入るのに注目度も低いわけだから迷うことはなかった。
危うくこの馬のためだけに一口馬主を始めたい衝動に駆られましたが【俺が一口投資したら出世しなくなる】気がして…。


2位レッドベルティエス(牝・ディープインパクト×レッドファンタジア)
数少ないPOG本でも取り上げられていた馬で、サラブレの小冊子にも入っていたから競合するならこの馬だろうなと思っていた1頭。ただ、この馬を2位以上で指名しそうな参加者の方もいないだろうと言う目論見通り。
牝馬エースは今年も母チェリーコレクトや母マネーペニーも候補に入れていましたが、エース馬を東京HRで揃えてみました。


3位ハーツイストワール(牡・ハーツクライ×レツィーナ)
このところ被りやすいハーツクライ産駒でしたが、今シーズンは割とスンナリ獲れて拍子抜け。一応、セレクトセール1億円超えで国枝厩舎に入る上、サラブレの企画の中で取り上げられていたので中位では被ると思っていただけに。
ここもディープインパクト産駒を3頭にするかハーツクライ産駒を入れるかで迷った順位だが、入れる候補だった母ミスエマとは年齢の差でこちらに。


4位クインズアイボリー(牝・オルフェーヴル×ストライキングヴェイル)
昨シーズンは獲れなかったオルフェーヴル産駒。今シーズンも懸念材料はメジロマック委員会さんがどれくらい固めてくるかとエポカドーロ&ラッキーライラックの活躍から他の参加者さんも確実に1頭以上は指名しそうな雰囲気だったこと。
なのでステイゴールドの特徴でもあった「個人牧場からでもGI級は出る」のと、この馬主さんのイメージが丈夫さで選んでいることから調教量は確保できるんじゃないかと。


5位アーデンフォレスト(牡・ルーラーシップ×ロザリンド)
ここは大体、新種牡馬枠にしていて今シーズンもジャスタウェイかベルシャザールの予定だった。
ただ、現役時代の活躍ぶりに反して昨シーズンのオルフェーヴル&ロードカナロアのような話題が出てこないのと、セールでも縁起物価格を脱しなかったのが引っ掛かり。
シルクの藤原英厩舎なので最後に少し心配して順位を引き上げましたが、普通に杞憂。


6位チャーチスクエア(牝・ロードカナロア×チャーチクワイヤ)
アーモンドアイのせいで一気に注目度が跳ね上がったロードカナロア産駒。これでステルヴィオがダービーまで勝っていたらと思うといよいよゾッとする。
恐らく中距離指向は強くなるだろうから牡馬はディープインパクトやオルフェーヴルとかち合う可能性が高くなるのではと考えて指名は牝馬。さすがに母レーヴディソールや母カレンチャンには行けませぬ。


7位オメガ(牡・ダイワメジャー×リアリサトリス)
ここも新種牡馬かキングカメハメハやハービンジャー産駒と言った実績のある種牡馬の予定でしたが、ブラストワンピースが出てきてハービンジャーの指名が増えそうなのと母ジュモーがPOG本で取り上げられていたので単純に順位を入れ替えただけ。真面目に補欠5位とか使うことはないだろうと。
昨年のキセキで石川オーナーも調子が上向きだしその勢いに乗っかる形と、久々にダイワメジャーでNHKマイルC路線を目指したい。


8位ダンツブライト(牝・ゼンノロブロイ×ヒラボクハッピー)
心のエース馬九州産。唯一、恐いと思ったのはカワタカさんでしたが、テイエムオペラオー縛りで助かった。
九州産ながら1000万を超える取引額にサンデー系ゼンノロブロイ産駒で山元オーナー。山内厩舎かと思ったら谷厩舎なのね。
まずは、九州産限定新馬戦。そしてD・GIひまわり賞へ…。


9位母Glinda the Good(牡・父Speightstown)
昨シーズンの外国産ではミスターメロディがファルコンSを制していましたが、どうしても5月のOBSスプリングセール取引馬だと来日までに頓挫したらモーニンのようなデビューになってしまうのが難点。あの馬も2歳でデビューしていたら全日本2歳優駿は好走以上はあったはず。
その意味で少し賭けにはなるが、この時期のセールでスパイツタウンに70万ドルを出そうと言うなら間に合いさえすれば暴れてくれるのでは。馬主は誰になりますかね?


10位トロントテソーロ(牝・Shanghai Bobby×Rhapsody Queen)
前述の通りなので外国産牝馬でも狙いはエーデルワイス賞なので既に来日している組から選びたい。更には芝に欲を出しそうにない短距離ダート血統構成で厩舎が決まっていて…となるとこの馬か母Cloud of Smokeの2択でこちらに。


この時期が一番楽しい>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク