FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(鳴尾記念編)

マジック


輸出用の商品を搬出しようとしたら別の商品が一杯になったので、そちらを先に運んでいたら誰かが輸出用を動かしてくれたらしく。
急いで戻ってきたら無くなっていたので「あれ、アメリカが消えた…?」と呟いたら、何だかエイリアンが地球に攻め込んでくるタイプの映画みたい。


鳴尾記念
◎ストロングタイタン
父リーガルランサムって名前だからレッドランサムの系統かと思ったら母父のほうなのね。自身の父系はフォーティナイナー。
シルク2頭出しでトリコロールブルーとは作戦を分けそうだし、この馬が前ならヤマカツライデンとマルターズアポジーのやり合いを見ながら進められそうなので早めの進出から押し切りを期待。
○ストレンジクォーク
これまで人気を背負っても不安定な走りをしていたが、オペラハウス系なのでもっと自分から動くような競馬も試してほしい気がする。
スムーズに加速できた中山金杯では3着で、マクリ組に仕掛け遅れた小倉大賞典は11着。今回は逃げ馬が揃ったので目標を作りやすいし、まともな展開になれば素質は見劣らない。
▲タツゴウゲキ
昨夏に重賞を連勝して一気に軌道に乗ったと思ったが、休養に入ってしまいGI挑戦とはならなかった。父マーベラスサンデーも勢いでGI馬まで駆け上がっただけに、頓挫があったのは残念なところ。
長期休養明けで仕切り直しの一戦になるが、昨年は2回走って2回とも3着以内だった阪神コースだし仕上がり次第。
△トリオンフ
大阪杯で3コーナーマクリの見せ場を作り新潟大賞典でも1番人気に推されたが4着。周りからマークされる形になると今まで通りの競馬ができなくなるのは常のこと。
今回もルメールに乗り替わることもあって人気が下がらず1番人気だが、阪神コースではまだ馬券に絡めていないので不得手な舞台を克服できるか。


東京優駿までの成績【4/68 ―45140円】


何…だと…みたいな>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク