パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(安田記念編)

電波


何かしらの機械に携わると謎の誤作動や故障を発生させるサイバーテロリスト体質なのですが、昨日も帰りに修理をしている人がいたので首を突っ込んだのです。
先輩「ギアがデジタルと連動しなくてねー」(クルクル)
胴長『めっちゃ動いてますよ?』
先輩「え?」
胴長『え?』


安田記念
◎アエロリット
昨年のNHKマイルCを制してクイーンSでは古馬も撃破。秋華賞でも人気に推され7着に敗れたが、やはり距離が1800までと考えるのが妥当か。最終的にはカレンチャンみたいに1200でも牡馬に勝てる能力はありそう。
ヴィクトリアマイルは馬場が渋ったのが最後の粘りを欠いた要因。前が止まらないCコース2週目でパンパンの良馬場なら今度は突き抜ける。
○ペルシアンナイト
マイルCSを勝って皐月賞も2着と地力は疑いようのないモノを持っているのだが、どうも主役の立場に置かれると力を発揮できない。ディープインパクトやキングカメハメハよりはステイゴールド系に近くなってきたイメージ。
レッドファルクスくらい人気が落ちれば喜んで頭から狙うが、まだ信用され過ぎてるので本命は打たない。
▲ヒーズインラブ
この春に調子を上げてダービー卿CTで初重賞制覇。グレーターロンドンやマルターズアポジーと言ったGⅢの門番を一撃で下したのは評価できる。
いきなりのGIで勝ち負けできるかが焦点になるが、能力が割れる前に押さえておくほうがオッズ的にも美味しそうで。
△サトノアレス
かつての2歳王者も長いスランプに苦しんでいたが、ようやく底を脱したのか重賞でも連続好走。何だかんだディープインパクト産駒の不器用な追い込み一辺倒だったと言うことか。
2歳GI馬がスランプから函館記念を使ってマイル路線に来て力を取り戻した安田記念と言うとアドマイヤコジーンを思い出すが、勝って蛯名騎手が藤沢和調教師にベアハッグはPTAから苦情が来そうなので連下まで。


鳴尾記念までの成績【4/69 ―47540円】


幸運の置物>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク