FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(エプソムC&マーメイドS編)

三冠馬


ジャスティファイがアメリカのクラシック三冠でシアトルスルー以来の無敗で三冠馬になるのかと期待されていましたが、見事に先行から押し切る堂々の競馬で達成。
父が早世しているので大事を取って種牡馬入りしそうな気がするけど、来年のドバイまで走ってくれるかしら。
今夏のセールでは間違いなく高騰するだろうから、ミスターメロディをうまいこと仕入れた感じだしこちらも将来の種牡馬としてスタッドインを確定させたかなぁ。


エプソムC
◎サトノアーサー
昨年のクラシック戦線でも期待された馬だったが、本番では良いところがなく敗退。この馬も毎日杯からダービーだったのね。
マイル路線に行こうか中距離を維持しようか迷っている感じが見てとれるローテだが、休み明けを一つ叩いて調子も上向きなのでここも連続好走なるか。
○グリュイエール
キタサンブラックと同い年だが2年もの長期休養があったためキャリアは少な目。よくぞ陣営も馬主も我慢したもんだ。
前走ではその休み明けを感じさせない走りでアッサリ条件戦を突破。久々の重賞だが戦ってきた相手を考えたら格負けはない。
▲マイネルミラノ
終わりそうで終わらないしぶとさを発揮して、年明けのAJCCでも3着に粘る好走。大阪杯にも出たかっただろうが、この時期まで復帰がずれ込んでしまった。
今回は同型にマイネルフロストがいるが、まさかマイネル同士で潰し合いは考えられないから楽に逃がしてもらえたら休み明けでも侮れない。
△サーブルオール
母モンローブロンドはアドマイヤベガ産駒ながら勝ち鞍が1000~1400のスプリンターだったが、それにハービンジャーを付けたら1600は少し短いかなと思わせる中距離馬が。デインヒル系と考えたら意外に1200でも競馬になりそうな雰囲気はある。
重賞は3歳春以来だが条件戦を連勝して勢いはその時より遥かに上なので、このメンバー相手にどこまで通用するか。


マーメイドS
◎ミエノサクシード
3歳秋に連勝して秋華賞には間に合ったが、その後はステイゴールド産駒らしいテレンコ気味な成績。能力はあるんだろうけど、どうにもスタートが安定しないのも課題だろう。
1番人気でも6倍台なんて割れ加減なので、あまりオッズに惑わされないほうがよさそう。
○トーセンビクトリー
55キロとは見込まれたな…。
昨年は重賞制覇からGI戦線に挑戦して跳ね返されたが、年明けからは再び掲示板を繰り返していて軌道には乗っている。
先行脚質だけにどうしても目標にされやすい面は仕方ないが、ハンデを背負ってるだけに早めの勝負で押し切りを狙いたい。
▲ルネイション
アドマイヤムーン×ピヴォタルと言う距離適性をどこに置いたら困るような血統だが、現状は中距離が主戦場。でも、いきなり1200で重賞制覇しても驚かないイメージはある。
まだ1600万条件馬なので格上げ挑戦にはなるが、50キロの軽量に恵まれたし無欲の追い込みで。
△レイホーロマンス
重賞でも好走を繰り返してはいるが、勝ちきるまでにはいかず。ここも人気になってはいるが押し出されるような数字だし信用は薄そうだ。
岩崎もそろそろ結果を出さないと秋にはモレイラが来るかもしれないので、お手馬を維持でも確保していってほしい。


安田記念までの成績【4/70 ―49940円】


アファームドBさんはPN変えるのかな>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク