パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(ラジオNIKKEI賞&CBC賞編)

夏の装い


競馬に行くときはマークシートや購入した馬券を入れておくのに便利なサイドポケットのあるズボンを愛用しているのですが、とうとう股間のデブ穴が酷いことになり私のお稲荷さんがこんにちはしてしまったので新調。
何か似たようなズボンだなぁと購入したが、メーカーからサイズまでまったく同じ。このズボン、中学生の時から履いてるんだけど…。


ラジオNIKKEI賞
◎キューグレーダー
デビュー戦から1番人気に推されていた評判馬で、勝ちきれないまでも連対は外さずフジキセキ系らしい安定感はある。
前走は東京1400だったが勝ち上がりは中山1800だから距離の心配はないし、この系統の立ち回りの上手さで抜け出したい。
○マイハートビート
若駒Sでは後方から追い込んで2着に来たが、毎日杯では何故か先行して大敗。ここまでも好走したときは追い込みに徹したときだし、愚直に後ろからが正解かも。
結果が出ているのも札幌や京都など小回り平坦を得意にしているので、ここも展開が向いてくれれば。
▲グレンガリー
新馬戦は3着だったが4月に復帰すると2連勝で一気に軌道に乗せてきた。特に前走は古馬相手での500万を軽く突破してきたのも好感が持てる。
福島1800は未勝利勝ちを果たした舞台なので条件は問題ないだろうし、重賞経験馬を相手にどれだけ食らい付けるか。
△ロードアクシス
ブレイクランアウト産駒と言う地味さからかやたら人気はないものの好走する馬で、2000でも勝てるように意外と距離もこなす万能型。この血統だからコーナー4つのコースなら2000まではセーフなのかも。
開幕週なのであまり外を回すようだと厳しいだろうし、逃げ馬の多い今回はバラけるような隊列を内で我慢できれば。


CBC賞
◎ワンスインナムーン
昨年はGI出走に香港遠征など充実の1年だったが、悲願のタイトルには到らず悔しい1年でもあった。結局、高松宮記念には挑戦できずサマースプリントシリーズで立て直し。
前走は休み明けで他馬に接触する不利もあったしノーカウント。それで中1週なら馬体は問題ないだろうから今度こそ。
○セカンドテーブル
昨年のこのレースで2着に頑張ってOP入りしたが、頑張りすぎたのかそこから
休養に。帰ってきてからは勝ち鞍こそないものの順調に内容も良化しており照準を合わせてきた感じ。
開幕週を先行してなだれ込むのは昨年までと同じだろうし、真ん中の枠から周りを見ながら先行していければ。
▲ペイシャフェリシタ
下級条件ならまだしも1000万以上では珍しいハーツクライ産駒のスプリンター。更に古馬牝馬でOP勝ちとなるとこの馬が初めてなんじゃないだろうか?
阪急杯5着で重賞でも戦える能力は見せているので、この外枠を克服できれば。
△コウエイタケル
昨夏にはダイアナヘイローとも接戦をしていた馬だが、半年以上の長期休養を挟んでからは精細を欠いたレースが続いている。叩きつつ差は詰めてきているのでここ以降も小倉1200では侮れない。
久々の1200なのでペースに戸惑わないかだが、上手く流れに乗っていければ時計勝負でも見劣らない。


帝王賞までの成績【4/77 ―66740円】


デブ人間!>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク