パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(ジャパンダートダービー編)

溶ける


雨が続いて気温が下がっていたのが急に夏の太陽真っ盛りで完全に脳が腐り気味。
暑いのに鼻水とくしゃみが止まらなくなったら大体、神経系がやられてる合図なのでいっそのこと風邪薬を飲んでから寝る。
あなたの風邪はどこから?私は脳。


ジャパンダートダービー
◎グレートタイム
デビューからコロコロと騎手が乗り替わり、固定ができなかったせいもあるが2着が多く勝ち切れない競馬が続いた。末脚を余して逃げ切られたレースもあるだけに使いどころを心得た相棒を見つけるのも今後の課題だろう。
それらを考えたら連対を外していないルメールを確保できたのは心強いし、地元勢が早めに動いてくれれば今までのようなスローの前残りに遭う可能性も低いのでは。
○ドンフォルティス
ヘニーヒューズ×フジキセキと言う血統から1200で勝ち上がったが、何故か距離を延長されるごとに強さを発揮する変わり種。最終的にはサンライズバッカスのような得意距離よりペースが大事な困ったちゃんになりそう。
ユニコーンSや兵庫CSを使わずにここを狙ってきているし、妙なスタミナ比べにならなければここでも連軸視。
▲ハーベストムーン
ダート1800を中心に使って好走を続けていたが、前走は東京ダート1600で13着に大敗。芝適性を問われるダートでは力が出せなかっただけに、パワーを要求される大井でこそだろうか。
近走は逃げているが勝ち上がりは差す競馬でも結果を出しているし、外枠から出たなりで流れに乗っていければ。
△リコーワルサー
今年の地方ダービーは1番人気が勝てないレースが続いたが、それだけレベルが低かったと考えるか粒揃いだったと考えるか。個人的には前者だが南関東は全日本2歳優駿組が順当に走ったとも言える。
この馬も掲示板までのクラシックではあったがペースに付いていけない競馬はなかったし、距離を懸念してスローに落ちるようなら鎌倉記念の再現になる大マクリで一角崩しを狙ってほしい。


七夕賞までの成績【4/81 ―76340円】


そんなベンザブロック>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク