FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(レパードS&小倉記念編)

夏の甲子園開幕


100回記念大会と言うことで出場枠が増えていますが、何となく次からもこれで良くね?とか思ったり。
まぁ、参加数が増えると寄付とか大変だからOBや保護者の方々には嬉しい悲鳴かもしれないが。
夢舞台だし多少はね?


レパードS
◎アルクトス
未勝利を1秒ちぎって楽勝した実力の持ち主だが、勝ち上がってからは足踏みが続いて一度は休養。帰ってきてから芝を叩いてダートに戻ると2連勝で再び勢いを取り戻してきた。
外枠で好走して内枠で大敗してきたのが前走では2枠でも勝てたし、今回もスンナリ先手ならしぶとく粘れそう。
○グレートタイム
3番人気で挑んだジャパンダートダービーは先に上がっていったルヴァンスレーヴの影すら踏めず3着。休み明けから都合24キロ馬体重が増えているのが原因か、ナイターに戸惑ったか。
近走の安定感から1番人気なのも頷けるが、2着が多いタイプなだけに勝ちきるまで飛び込めるか。
▲プロスパラスデイズ
これまでは東京ダートのような軽い芝向きのコースでしか走れなかったが、前走は中京ダ1800を古馬相手に後方から末脚を爆発させて完勝。パイロ産駒は極端な作戦でも追い込み型にハマる馬が多いような気がする。
今回も展開待ちになるだろうが、下手に早めの進出をしても終いが鈍るだけだろうから腹を括って後方から。
△アドマイヤビクター
新馬戦はダノンプレミアムに完敗したが1年もの長期休養から復帰してからはダートで2連勝。血統的には芝だろうから今のところは能力で押し切っている感じか。
重賞クラスのダートで太刀打ちできるかだが、パサパサのダートのほうがスタミナ比べになるだろうからあまり速い時計勝負にならなそうな今回なら。


小倉記念
◎サトノクロニクル
昨年のラジオNIKKEI賞からテレンコな成績が続いていて、順番通りなら今回は来る番だが休み明けを挟んでるので成績が続くかどうか。天皇賞・春まで広いコースで好走してるので小回りも少し不安材料。
ただ、今回は逃げ馬不在でスロー必至なので、向正面からのロングスパート戦になれば長く脚を使うこの馬向きの展開になるかも。
○サンマルティン
ディアデラノビアの子供は能力だけならありそうだが気性や体質に問題がある産駒が多く、この馬もなかなかコンスタントに使えないでいる。昨年のこのレース2着があるように、重賞でも戦えるだけに体調が整うかが今後も課題。
掛かり癖があるので外枠から飛び出ないかだが、逃げたい馬もいないし意外と逃げたら強かったとかないかしら。
▲キンショーユキヒメ
ローカル開催の渡り鳥をしている馬ながら、小倉は新馬戦で勝ち上がって小倉2歳Sに出た2歳時以来と言う舞台。夏場に走っているのに出ないのは適性意外にも原因があるのか。
中途半端に人気だと走らなくて単勝10倍以上の下位人気だと走るので、牡馬に混じって盲点になってるここらが狙い目。
△マウントゴールド
前走は差して条件戦を卒業したが、それまでには逃げて競馬も出来ていてペースのカギを握るのはこの馬になりそう。脚質をコロコロ変えるのは勇気がいることだが、展開はかなり有利になる。
もちろん差して結果が出たので控える可能性もあるが、ステイゴールド産駒だしマクリ勝負でどこまで。


アイビスSDまでの成績【4/88 ―93140円】


暑さで悲鳴にならないように>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク