FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(新潟2歳S&キーンランドC編)

WSJS


レーシングプログラムに出場騎手のプロフィールや意気込みが書かれているのですが、ベハラーノ騎手やメンディザバル騎手が枠をはみ出すくらい書いているなかで紅一点コレット騎手と最年少スコフィールド騎手の一行さよ。


新潟2歳S
◎アンブロークン
新馬戦は1800を先手から押し切る、中距離スローらしい展開を制する内容。しかし、3~5着馬が既に勝ち上がるなどレベルは高い1戦だった。
ヴィクトワールピサ×インザウイングスなのでイメージはステイヤーだが、重賞勝ち馬はジュエラーやコウソクストレートなど1600以下に多いので好走するなら意外とマイルか。
○ロードアクア
デビュー戦は1400だったが、珍しく3ハロンまで12秒台が続いて中盤が緩むラップタイム。ラスト3ハロンが11秒台と言う1600以上のような流れだった。
ロードカナロア×ダイワメジャーで1600以下に狙いを絞った配合だし、操縦性は良さそうなのでここも早めに前に付けられたら。
▲ジョディー
こちらも新馬戦はドスローな流れを逃げて上がり上位で纏める勝ち上がり。ラスト3ハロンがどんどん速くなる展開では後ろの馬にはノーチャンス。
ただ、2着だったウインゼノビアは既に2勝を挙げるなど決して楽な相手ではなかったし、外枠から内を見ながら進出できるならここでも好勝負。
△エイシンゾーン
ジャスタウェイ産駒はもっと時間の掛かる子どもが多いと思っていたのに、早い時期から1200にも対応する馬もいてハーツクライとは思えない出だし。秋になって1800~2000の新馬戦でも勝ち上がり馬が多数輩出されるようならディープインパクト系・ステイゴールド系を脅かす一系統になっていきそう。
新馬戦は追い込んで勝ったが前走では先行も出来ていたし、少頭数なのに流れが荒れても対応できそうなのは強味。


キーンランドC
◎キャンベルジュニア
ちょっと前までは吉田オーナーのダービー卿CT勝ち馬と言うことでモーリス2世みたいな扱いを受けていたが、あんなのが度々現れるようなら苦労はしない話。ウイニングポストなら可能性あるけど。
1200は初めてなのでペースに付いていけるかだが、フェアリーキングは1200~2000の根幹距離に強い系統だし流れに乗りさえすれば抜け出せる力はあるはず。
○レッツゴードンキ
高松宮記念とスプリンターズSで2着がありながらGIには手が届かず、ダートや香港にも足を伸ばしたがやはり掲示板まで。何だがイクノディクタスとキャラが被ってきたな、サウンズオブアースを種付けしたい気分だ。
一昨年の3着があるように洋芝適性もありそうだが、好走はしても勝ちきれない脆さもあるのでここも突き抜けられるかが課題。
▲ペイシャフェリシタ
春には阪急杯5着や春雷S勝ちなどでOPでも戦える能力を示したが、ここ2走は重賞で人気に応えられず。それでもCBC賞は前崩れの展開を中途半端に追い掛けたもので、アイビスSDはスタート今一つの馬を直1000に出したのがそもそもの敗因だろう。
札幌1200は昨年2着があった舞台だし、控える形から出番があるなら人気の落ちたここが狙い目。
△キングハート
オーシャンSで待望の重賞初制覇を果たし、父オレハマッテルゼ同様1200を得意とする馬。同じサンデーサイレンス系のデュランダルやアドマイヤマックスは逆に1200で重賞を勝てないし、意外なものだ。
追い込んでは届かないレースが続いているが、一脚は常に使えているのでテン乗りのフォーリーが新味を出してくれたら。


新潟ジャンプSまでの成績【4/95 ―109940円】


慣れかね>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク