FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(紫苑S編)

荒ぶる天候


台風が来て気温が下がったが、過ぎ去ったあとはぶり返して暑さが戻って秋雨前線がやってきたらまた涼しく。
とは言え湿度の高さは涼しさを妨害するので、結局のところクーラーのドライを掛けて寝る。
単純な暑さよりムシムシのほうが嫌いです。


紫苑S
◎サラス
未勝利を勝ち上がった時は先行しているが、その後を見る限りスタートは一息の不器用な追い込みタイプ。オルフェーヴル産駒のイメージした通りではあるが、逃げ馬を捕らえきれない辺りはステイゴールド系のらしさでもある。
既に古馬相手の1000万でも勝ち負けしているし、外枠に逃げたい馬が入ったので前半から流れてくれそうだしスタート五分なら。
○アヴィオール
いわゆる持ち込み馬で、最近はどちらかと言うとディープインパクト等を種付けするための輸入牝馬にオマケが付いてきた程度の扱いが多くなった。下を見てたら尚更。
それでも4月にデビュー勝ちすると2戦目で古馬相手に2連勝を飾るなど素質はなかなかのものだし、父リダウツチョイスなので距離さえ克服できれば。
▲カレンシリエージョ
デビュー前には札幌2歳Sは通過点と吹かれるくらいの能力を評価された馬で、実際に未勝利のレースぶりを見たら頷けるものはあったが重賞ではまったく通用しなかった。クラシック戦線も休み休みで満足に使えなかっただけに最後の1冠は万全を期したいところだろう。
前走からも番手競馬で抜け出す形がベストになりそうなので、真ん中の枠から包まれない程度の先行で楽なポジションを確保できたら。
△ノームコア
デビューから2連勝してクラシックでも期待されたが無念の長期休養。復帰してからいきなりフラワーC→フローラSと連続3着に入って力を見せただけに、無事に使われていれば本番でも見ることができただろう。
お姉さんは新潟時代のこのレース4着だったがミモザ賞勝ちがあるなどコーナー4つのコースに適性があったし、妹も福島で勝ち鞍があるならここでも小回り適性は発揮されるはず。


新潟記念までの成績【4/100 ―121940円】


主に脳が>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク