FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(セントライト記念編)

クリンチャー…


凱旋門賞に挑戦しているクリンチャーがフォワ賞に出るのをすっかり忘れていたが、前哨戦を見事に下から数えて1着に来ていたとは。
もう欧州の馬場は厳しいと言う結果が出たわけだし、こうなったら凱旋門賞をパスしてBCターフに向かうとか柔軟な対応は出来ないものかね。ウイポじゃないけど。


セントライト記念
◎オウケンムーン
共同通信杯からクラシックを目指す最近のパターンで挑戦してきたが、皐月賞は後方からマクリ上がって不発・ダービーは勝負所で置いていかれ仕掛けられず。かつてのダービーポジションではないが、ある程度は前に付けて上がりを纏められるようではないと本番では勝負できない時代なんだろう。
上がり馬に押されて人気はないが、重賞勝ちがありながらダービー惨敗で人気を落としている馬が巻き返すことが多いので8枠を克服してくれたら。
○ギベオン
毎日杯→NHKマイルCで連続2着と見せ場はたっぷり作りながら勝ち切るには到らず。ダービー出走もお預けとなったが無理に出ていたらマツクニローテの犠牲者になる可能性もあっただろうし、逆にこれから先のGI奪取のチャンスを買ったと考えたら。
東京1600でいい競馬をしているだけに中山2200は少しズレるイメージだが、小回りに対応できるスピードは確かなので器用な立ち回りに期待。
▲ブレステイキング
春はフリージア賞でギベオンの3着、プリンシパルSでコズミックフォースの2着とGIでも馬券に絡んだ2頭と接戦を演じながら後塵を排した。古馬相手の500万でアッサリ勝ち上がったように、やはり行く行くは重賞でも戦える素質馬だろう。
近走は東京2000ばかりだが未勝利勝ちは中山1800で、意外に小回り適性も持ち合わせていそうなのでこのメンバー相手でも好勝負は可能。
△ゼーゲン
デビューはこの4月とかなり遅れたが、ポンポンと2連勝で重賞挑戦のチャンスを掴んできた。2400→2600と如何にも母父モンズンの産駒だなと思わせる臨戦課程。
堀厩舎2頭出しで前走を見てもゲートは一息なので間違いなく最後方からになるだろうが、逃げ馬も揃っているしストレスなく外をブン回して届かなかったらご免なさいの競馬で。


ローズSまでの成績【4/105 ―133940円】


記念出走よりマシじゃね?>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク