FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(スプリンターズS編)

開催はできるか


折からの台風24号により阪神競馬は早くも中止が決定。
ナゴヤドームですら交通事情を鑑みて中止になるなど、今年は当たり年どころの騒ぎじゃない。
競馬も一波乱あるか。


スプリンターズS
◎ナックビーナス
ダイワメジャー産駒らしい速い上がりは使えないがパワーで行き切って押しきってしまう競馬が信条で、前走もハナを切ってそのまま後続を完封する完璧なレースだった。
本番での急遽ではなく前走からの継続でモレイラ騎手が乗るのも好材料だし、雨で力の要る馬場を突き抜けたい。
○アレスバローズ
デビュー前はクラシックを期待されるような距離を使われて結果が出ず、徐々に距離を短縮されながら1200をこなすと言う自分がディープインパクト産駒が出てくる前の予想していた感じの馬。大学の卒論で高松宮記念が初GI獲得になると予言していたからなぁ。
道悪で今まで通りの切れ味を発揮できるかと言うのと、菱田の凡ミスで乗り替わりになったのがどこまで響いてくるか。
▲ムーンクエイク
春には1600で条件戦を勝ち上がり、京王杯SCで重賞初制覇。前走のキーンランドCでは初めての1200重賞にフルゲートに戸惑ってしまい後方ままだったが、本番前に経験できたのは収穫だろう。
外枠は本来ならマイナスになるコースだが、まだ揉まれる展開には不安が残るだろうから外から楽に走れる形のほうが合っているはず。
△キャンベルジュニア
中山はダービー卿CTで2年連続2着など得意にしているが、1200は意外にも初めて。デビューでは2000を使っていた馬だし、京成杯AHに出ずここへ向かってきた辺り何か勝算があってのものか。
フェアリーキング×デインヒルだからノーザンダンサーのクロスが色濃く入っていて道悪は良さそうだし、スタミナを問われる展開なら上位進出もあり得る。


シリウスSまでの成績【4/109 ―143540円】


まだ徳島は平気>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク