FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(毎日王冠編)

凱旋門賞


新装ロンシャンでどんな競馬に変わるのか楽しみですが、クリンチャーの無理やり持ち上げる感が凄い。
如何に過去の挑戦馬に比べて注目度が低いかが窺い知れるが、ナカヤマフェスタみたいな注目されてないときに走ったりするのでひょっとしたら。


毎日王冠
◎サトノアーサー
ここまで大敗を喫したのはダービーと菊花賞で、1800以下では3着を外したことがない典型的な中距離馬。
母父リダウツチョイス×ヌレイエフだし、最終的にはアレスバローズみたいに1200路線でも戦えるのでは。
今年は割と秋の前哨戦を使い分けるように散らばっているお陰で今年も少数精鋭とは言え、能力差はハッキリ壁があるように見えるのでエプソムCと同じような競馬ができれば。
○ステルヴィオ
スプリングSを勝ってアーモンドアイと共にロードカナロア旋風の一翼を担ったが、本番では見せ場には到らず。距離を延ばすごとにパフォーマンスを下げていたし、ベストは1600で1800は守備範囲程度だろう。
早熟馬の消費期限が切れた可能性も否定できないだけに、広いコースの1800で能力全開になればそれも払拭できるはず。
▲ケイアイノーテック
中山のNZTでは2着に敗れたが、東京に替わったNHKマイルCでは最近でも珍しい最後方からのごぼう抜きで戴冠。最初から1600路線に絞った使い方が功を奏して3歳マイル王に輝いた。
ステルヴィオ共々古馬との初対戦になるが、追い込み一手のプリモシーンが通用して好位からのギベオンが飛んだので突き抜けるならこの馬か。
△ステファノス
今回が3回目の参戦になるが、ここまでは6→5着と結果には繋がらず。最近は集中力が持続しないのかO型のコースで好走が目立つのは気掛かり。
それでも重賞勝ちは東京だけで天皇賞・秋でも2着があるので、得意コースなら再び一線級に返り咲いても。


サウジアラビアRCまでの成績【4/111 ―148340円】


予想は後で>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク