FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(府中牝馬S編)

あれ、寒い?


先週まで台風一過で暑い暑い言ってたのに、いつの間にか布団にくるまって寝るように。
そろそろ寝過ごして遅刻の季節がやって来ますな。


府中牝馬S
◎ディアドラ
不良馬場に泣いた京都記念では切れ味を削がれて大敗したが、ドバイターフでは世界を相手に3位。帰国初戦となったクイーンSでは鮮やかな差し脚で他馬を一蹴し、正に充実期を迎えているようだ。
今回は少頭数ながらGI馬も参戦してきて一筋縄では行かないだろうが、休み明けが多いメンバー構成なので夏に使っているアドバンテージを活かしたい。
○カワキタエンカ
ディープインパクト産駒には珍しい逃げ馬で、今春には中山牝馬Sを逃げ切って嬉しい重賞初制覇。ヴィクトリアマイルでは歯が立たなかったが、血統を考えても1600は少し短いだろう。
今回は同型がクロコスミアくらいしか見当たらないが、あちらは海外遠征を境に行きっぷりが悪くなっているし主張して出て行けば楽にハナは切れるはず。
▲リスグラシュー
年明け緒戦の東京新聞杯を牡馬相手に勝利してGI奪取の気運も高まったが、いざ本番では人気に推されて脆くなるハーツクライ産駒を存分に見せ付けた。先週のシュヴァルグランと言い、ハーツクライはこれがあるから頭鉄板が信用できない。
東京実績は申し分ないしディアドラがいるお陰でオッズも二分されてプレッシャーも半分なので、ここで買って本番では消しのリズムで臨みたい。
△キョウワゼノビア
兄のキョウワロワリングは1200の北九州記念勝ち馬だったが姉のキョウワジャンヌは1400から距離を延ばされていって秋華賞2着と活躍した。同馬も父ハーツクライだし1400以下だけの馬ではないだろう。
前走ではスイートピーS2着のミュージアムヒルを撃破し、今週の調教でも自己ベストを更新と充実著しいし最低人気でも侮れない下地は付いてきている。


南部杯までの成績【4/115 ―157940円】


毛布は早いか>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク