FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(秋華賞&東京ハイジャンプ編)

そういうのもあるのか


土曜の新潟6Rで新人の山田騎手が騎乗停止になっているが、期間が未定になっているのを見て「?」と。
映像を見てなるほどと納得したが、馬券を買っている人からすればたまったもんじゃないだろうな。
一体ダート2500mを何と間違えたのか気になるところ。


秋華賞
◎アーモンドアイ
もういいか。
桜花賞では手前を変えるのに苦労しながら異次元の末脚を繰り出し、オークスは距離不安?何それ美味しいの?と言うレベル。
トライアルが春の勢力図を変えられずに終わったのを考慮しても、休み明けがハンデになるか微妙なところ。
○サラキア
シルクもよく恥ずかしげもなく池添に頼めたな。ノーザンFの息が掛かってたのが幸いしたか?
春はフローラS4着に見られたように詰めの甘いディープインパクト産駒の追い込み馬で、一夏を越えてローズSでも先に抜け出したカンタービレを捕らえきれず2着と相変わらず。
それでも安定して脚は使えているので、使いどころを心得た騎手が乗っている分だけ差を詰められないか。
▲オールフォーラヴ
デビューは年明けになったが評判馬のグレートウォリアーを退けて勝ち上がると、アルメリア賞では不利を受けながら精神的なダメージをモノともせず忘れな草賞を勝ってみせた。本番では見せ場なく9着だったが、押せ押せのローテーションではお釣りが残っていなかったのだろう。
マクリ気味に上がってしまう折り合いの難しさと前進気質を兼ね備えた馬だけに、京都の3コーナーから下りを利用すれば終いの脚が更に爆発力を増してもおかしくない。
△パイオニアバイオ
毎年のようにいる最強の1勝馬の称号は彼女に輝くか。
勝ち上がりには時間を要したがいきなりのフローラSで2着に入るなど格上げ挑戦でも力負けしないように、重賞のような厳しい展開のほうがルーラーシップ産駒だけにスタミナが活きるのだろう。
母アニメイトバイオもこのレース2着に好走しているし、娘も同じ舞台で勝負に絡めるか。


東京ハイジャンプ
◎タイセイドリーム
ここまで3着を外したのは転入初戦と中山GJだけで、前走にも見られたように左回りのハードルコースは平地のスピードを如何なく発揮できる絶好の舞台。
相手もそれなりに揃ったが外枠からなら第一障害の混雑に巻き込まれることもなさそうなので、行きたい馬を行かせてからポケットに潜り込んで抜け出したい。
○サーストンコラルド
こちらも障害では3着を外したのが1度だけと言う堅実型で、OPを1番人気5着に敗れただけなのにブービー人気に落ちて嘲笑うかのように重賞制覇。新聞を読む馬なんて昔は言われた馬もいたが、こいつも読んでたりして。
あまり速すぎる展開も追走に苦労するみたいなので、少し湿ったくらいの今の馬場のほうが脚を使いやすくて良いのかも。
▲ビットアレグロ
障害では昨年の5月から掲示板を外したことがない馬だが、9歳馬なのに平地時代を含めて単勝10倍未満で馬券に絡んだのは前走が初めてと言う超大穴タイプ。園田時代は1番人気もあったけど。
重賞も東京ジャンプSを最低人気で3着に来た経験があるし、休み明けで再び人気も落ちたので狙ってみるのも面白い。
△タマモプラネット
取捨の難しい大逃げ馬で、牛若丸ジャンプSのような押し切りもある馬だが東京ジャンプSのようなズルズル後退もある馬なので非常に厄介。ツインターボもこんな感じだったのだろうか。
今回は絡んできそうな逃げ馬が見当たらないのでスンナリ行けそうだし、マクリ組が仕掛けてくるタイミングでスパートできれば粘り込みも。


府中牝馬Sまでの成績【4/116 ―160340円】


コタシャーンもびっくり>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク