FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(菊花賞編)

また一人


従姉妹が結婚したためいよいよ親戚筋で残ったのは3人。
内、2人は我が兄妹なので実質1人。
そろそろ周りからの目も白くなりつつありますが、その気がないので今のアパートで孤独死は免れなさそう。


菊花賞
◎ジェネラーレウーノ
毎年のように実績馬が回避をすることが多く、本場のセントレジャー同様に長距離軽視の風潮なのが悲しいところ。どうしてもスローに流れて長距離と言うより1600×2みたいな競馬になってしまうのも理由の一つだろうか。
重賞勝ち→皐月賞3着→ダービー惨敗→セントライト記念1着→当日は4~5番人気の先行馬と言うのはキタサンブラックに通ずるところもあるし、エポカドーロをマークする形で一緒に抜け出していけたら。
○グロンディオーズ
デビューこそ1600で勝ち上がったが、そこから少しずつ距離を延ばされていって2400にも対応。前走では古馬相手に2000を勝利したがここへ向かってきており、長距離適性の高さを陣営も掴んでいるのだろうか。
兄のムスカテールも2400以上で活躍していたし、2年連続でルーラーシップ産駒が菊花賞を制するか。
▲アフリカンゴールド
昨冬にキタノコマンドールから1秒離される大敗を喫して始まった競争馬人生だったが、4月に未勝利を脱出するとトントン拍子の活躍で夏の上がり馬の1頭に数えられた。前走ではかつて怪物と讃えられたフォイヤーヴォルクを子供扱いしており、それを考えたらもはやゴジラか。
同じステイゴールド産駒のエタリオウが人気に推されているが、GIでより怖いのは人気のないほうのステイゴールド。
△シャルドネゴールド
人気はサッパリだがロックディスタウンやジェネラーレウーノとも接戦がありエタリオウにも勝ったことがある馬。引っ掛かる面が出た毎日杯は大敗したが、しっかり末脚勝負ができた京都新聞杯では上がり最速で3着など素質は重賞レベルにあるところを見せた。
今回は再び同世代との対戦になるが、少頭数のスローよりはフルゲートの乱戦が向いているだろうし外枠から行きたがる折り合いの難しさが出なければ。


富士Sまでの成績【4/119 ―167540円】


面倒臭さが先行して>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク