FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

2018プロ野球ドラフト指名予想(セ・リーグ編)

今年も自己満足


このところ誕生日に近い日付でドラフト会議を開催してくれるので、誕生日よりもこちらのほうが楽しみになりつつある。
いや、遥かに誰が指名されるのかというほうが楽しみで仕方ない。


広島
◎小園海斗(報徳学園)
連覇を果たした昨シーズンから投手陣では薮田と野村・野手陣では田中と菊池がが大きく数字を落とし開幕は丸が不在、リリーフ陣もジャクソンを筆頭に勝ちパターンが勤続疲労から軒並み離脱し、2年目のアドゥワから大ベテランの永川まで引っ張ってこなくてはならないほど逼迫した。これで前半の野間と後半のフランスアがいなければ3連覇どころかAクラスも危ういところだっただろう。
その中で丸のFA移籍が気になるところだが、ここで藤原(大阪桐蔭)を指名すると「出て行っても問題ないよ」と受け止められかねないのでアキレス腱に爆弾を抱える菊池と不振を極めた田中の後釜として小園で行くのでは。
既にソフトバンクとオリックスが公言しているので外したときを想定する必要があるが、遊撃を1位で指名できそうなのは彼と根尾くらいだろうから下位で残っていれば小幡(延岡学園)か増田(明秀日立)を狙って外れ1位では昨年の佐々木千隼みたいに梅津(東洋大)に集中するのでは。
そのほかでは左腕の補充が急がれるので、一昨年の床田のような大卒で鈴木(富士大)や小島(早大)か地元を重視して坂本(住金広畑)や小寺(近畿大)も候補に挙がりそう。
野手なら新井が引退し美間をトレードで放出したため右のスラッガー候補が手薄になっているので、野村(早実)や頓宮(亜大)を意外と早い順位で指名してきても。


ヤクルト
◎根尾昴(大阪桐蔭)
小川新監督が就任し青木が帰国しても開幕前の下馬評ではほとんどの関係者がBクラスを予想し、ヤクルトOBでようやく4位に予想するほど評価は低かった。ところが交流戦を優勝したのを境にガラリ一変して5割復帰を果たすと、かつてヤ戦病院と揶揄されたほど多かった怪我人も最小限度と言っても過言ではないレベルで済んだこともあり早々とCS進出を確定させた。
ドラフトは早い段階で根尾を1位指名に一本化し、競合覚悟で指名を明言。昨年も村上を獲得しているし、くじさえ引ければ三遊間を長く任せられる布陣が整うわけだから当然だろう。
外した場合に誰を指名するかだが、遊撃以上に厳しい状況なのは外野手でロッテと同様にレギュラーは全員30以上で25歳以下が一人もいない悲惨な状態なので辰巳(立命大)か、昨年もあっと言わせた大下指名から杉山(三菱重広)や生田目(日通)のような社会人で来ても驚かない。
近年は方針転換で高校生を多く採用するようになったこともあるので、枠の多い関西からなら林(智弁和歌山)か、九州からなら松井(折尾愛真)か濱田(明豊)の外野手候補を2名は狙ってくるのでは。


巨人
◎根尾昴(大阪桐蔭)
昨シーズンオフにはゲレーロを中日から強奪しFAで野上を獲得。キャンプ中にはメジャーから上原が帰国して体勢を整えたかに見えたが、結局のところ活躍したのはいつも通りの菅野と坂本に覚醒した岡本と言う自前で獲得した選手ばかりだったという皮肉でどうにか3位を死守。高橋監督が引責辞任を発表して原監督が3期目を迎える形でドラフトに臨みそうだ。
吉田(金足農)がラブコールを送る中でもトーンが上がらず、やはり球団としては二刀流を容認して大谷に次ぐスター性の高い選手が欲しいという事か。
当然ながら抽選になるので外した場合のシミュレーションになるが、実力よりは変な派閥が指名を歪めてくるので恐らく吾妻(日体大)か梅津(東洋大)のように東京か東都六大学の大学から外れ1位は指名になるだろう。
情報では近本(大阪ガス)を上位指名することが取りざたされているので、岡本の三塁挑戦で開いた穴を社会人外野手で長野のように即埋めてくれる算段だろうから下位には3軍要因として高校生を散りばめる指名か。


横浜
◎上茶谷大河(東洋大)
筒香・ロペス・宮崎のクリーンアップにソトが加わり、12球団でも上位の長打力を誇る打線を組めたもののランナーに出てくれる1・2番を固定できず。投手陣も昨シーズン飛躍の立役者だった左腕トリオが揃って期待を大きく裏切り、更に活躍したのも新人左腕の東だったという体たらくでBクラスに転がり落ちた。せめて一人でも二桁近く勝てていればCSは間違いなかっただけに悔いだけが残るシーズンだっただろう。
欲しいのは当然ながら遊撃の根尾だがドラフトを最後に退任する高田GMが当日まで含みを持たせるなど情報戦に持ち込んでおり、置き土産として一本釣りを狙ってくるのでは。
既に上位候補としては渡邊(浦和学院)に林(智弁和歌山)と湯浅(富山サンダーバーズ)が挙がっているが、どれも二遊間の選手ではないところを見ると倉本や宮本のときのように隠し玉で石川(東京ガス)なんてきたりして。
左腕コレクションを続けていくなら今年も鈴木(富士大)や高橋(八戸院大)に高校生でも横川(大阪桐蔭)に垣越(山梨学院高)などよりどりみどりなので、ここらから指名があるのかも注目。


中日
◎根尾昴(大阪桐蔭)
下位に沈みながら何故か広島に唯一勝ち越すなど不思議なシーズンを送ったドラゴンズ。投手陣は松坂がまさかのエースを背負う状況、ローテ候補の大野・吉見にリリーフでは又吉と谷元にクローザーの田島の不振が重なり見るも無残な光景が広がったが、打線は平田の1番・大島の3番が嵌まって形ができつつあるだけに高橋周がどれだけ数字を上げてくれるかで変わりそうだ。
森監督が辞任し与田新監督がどのようなチームカラーに染めていくか、まずはドラフトがカギになるだろうが1位指名は早い段階で根尾を公言。本人も地元でファンなので相思相愛のくじを引けるか。
外した場合に足りない投手陣かこちらも手薄な外野手かという選択になるが、ここも25歳以下の外野手が高卒ルーキーだけなので辰巳(立命大)か来年すぐに投げられる梅津(東洋大)で迷いそうだ。
同じく捕手も25歳以下は育成のマルティネスなので太田(大商大)の指名は確実そうで、更に昨年の石川に続いて益子(青藍泰斗)のW獲得まであるかも。
指名候補に挙げられているのが勝野(三菱重工名)や勝又(日大鶴が丘)など長身・MAX150キロ超えの本格派寄りになってきているのも広い名古屋ドームを意識してのものだろうか。


阪神
◎上茶谷大河(東洋大)
金本体勢3年目となった今シーズンは集大成の年として優勝候補にも挙げられていたが、期待された4番のロサリオが大ブレーキだったのを筆頭に名前だけなら大量に挙がるが結果的には糸原と北条に大山が及第点だったくらいでブレイクとまで言える若手が出てこず4番を糸井が打つような状況にまで陥ったのが全てだろう。投手陣も昨年2位のために使いつぶしたツケが回って能見がリリーフに入り、桑原と2年目の望月が早くも酷使気味なだけに才木・小野・馬場の3人がイニングを食えるようになるかが来期以降の浮沈を握るだろう。
お膝元でありながら意外と大阪桐蔭の目玉は取らない傾向にあり、言葉は悪いがデイリー新聞の一面栄えする面白さを優先してないか?という指名が多いだけに矢野新監督の意向がどこまで働くかだがやっぱり名前で大河になるような気がする。
さすがに情報量が12球団でも一番なのはさすがだが、確実なのは捕手を取ることと育成を活用していく模様なので石橋(関東一)か牧野(遊学館)を取って矢野イズムを叩き込んでいくことになりそう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク