FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

行け行け未来の若鯉たち

根尾くんは中日ドラゴンズでしたか


久しぶりに抽選でセ・リーグが目玉を引き当てたような気がする。
藤原くんはロッテだったし、意外と公言したチームに運が向いたようなドラフトでした。
では、我らが広島カープの指名選手をおさらい。


1位 小園 海斗(報徳学園)内野手
やりましたねぇ、残り物に福がありましたよ。
オリックスとソフトバンクに加えて横浜を入れた4球団競合だったので厳しいと思っていただけに、緒方監督が手を挙げた瞬間は声が出ました。
もちろん来季いきなり1軍と言うことはないでしょうし、田中・菊池が衰えを見せたところで割って入るための牙をこれから磨いていってほしい。
庄司、桑原、曽根はいよいよ正念場やぞ、わかってるな?


2位 島内 颯太郎(九共大)投手
まだ見限られていなかったわけか。
春先がイマイチだったのと3位縛りがあったのでスルーしてくると睨んで外していた選手だったが、順位を押し上げて指名に漕ぎ着けて来ました。どちらにしろ指名するのは広島だけだろうから、順位の問題だけでしょう。
前評判の高かった東洋大三羽烏に見向きもせず、この投手を獲るあたりが最近の広島っぽい。
先輩の大瀬良に続けるか。


3位 林 晃汰(智弁和歌山)内野手
やはり新井さんの後釜を狙ったサードを狙える右打ちスラッガーを獲ってきました。
ただ、意外とこういった地方のダントツ高校からは指名してこないイメージがあったので驚きはある。明徳義塾とか聖光学院とか仙台育英は聞かないもの。
時間は掛かるだろうが、こちとら新井さんと栗原で待つのには慣れてるから10年は熟成期間だ。


4位 中神 拓都(市岐阜商)内野手
こちらも林くんと同じくスラッガータイプの内野手ですがポジションはショート。最終的には外野に転向か林くんを一塁に回して三塁に据えるか。
これまでの獲得した内野手が俊足巧打のアベレージタイプが多かっただけに、1発狙いができる大砲候補を続けてかっさらう作戦でしょうか。
ライバルが近くにいるのも刺激しあえて良いかも。


5位 田中 法彦(菰野高)投手
どう現場が要求してきても左腕を獲る気はないみたいだな。フランスアが出てきたから良いとか言わないでよ?
昨年に続いて菰野高校から指名が来ましたが、こちらは本指名で来ました。中日が熱心な話を聞いていましたが、東海地区はやけにスカウトが通うようになった。
150キロを超すストレートで押しまくる馬力型なので、明らかにリリーフからスタートしそうですが結果的に一岡や中崎を脅かすような存在になってくれたら。
武内2世にだけは…!


6位 正随 優弥(亜大)外野手
丸の後釜を誰で埋めてくるかも補強ポイントでしたが、土生をポイして地元枠から攻めてきました。段原中とか久々に聞いたよ。
苑田部長がかなり買っていたものの、こちらもこれまで指名のなかった大阪桐蔭出身なので半信半疑の選手でしたが問題なく獲得してきました。ただ、丸の後釜よりは松山を右打ちにしたようなイメージだけど。
あとは石橋的な問題が起きませんように。


7位 羽月 隆太郎(神村学園)内野手
2年夏の甲子園では活躍したものの、その後はぷっつり音沙汰なくなってしまった選手だったがスカウトは追いかけ続けていたのね。
広島の好きそうな俊足タイプの左打者で、プロでやっていくには筋力アップしながらスピードを落とさない体を作り上げられるか。
上背がないだけにユーティリティで小窪の後釜を虎視眈々と狙っていってほしい。うまく育てば正田まで。


育成1位 大盛 穂(静産大)
今回のドラフトで唯一、調べないと知らなかった選手。隠しすぎだよ隠し玉。
春の東海地区大学リーグで首位打者を獲得し、秋季も打率2位でベストナイン。4割超えて2位なんだから辛い話だ。
こちらのほうが正随くんよりはスピード型で丸の後釜としてタイプは合っているので、まずは支配下登録されて天谷から野間を超えて丸の域へ達することができるか。
下の名前も読めねぇ。


同じ苗字のプロ野球選手が出ないなぁ…>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク