FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(アルテミスS&スワンS編)

誕生日後夜祭


晩御飯はもう用意してあったので、ケーキくらいは買って雰囲気だけでもと思っていたら21時を過ぎたら開いてるケーキ屋のほうがおかしく閉店。
コンビニで良いかと入ったが、だいたいケーキは2個入りで弱ったなーと呟いたが別に食べられない訳じゃないし問題ないなと。


アルテミスS
◎グレイシア
新馬戦はスピードの違いを見せ付けて楽勝し、アスター賞では出遅れながら直線だけで纏めて面倒を見る追い込み。現時点での完成度の高さはダイワメジャーらしい。
スタートに不安はあるが連勝中のダイワメジャー産駒となればマーブルカテドラルにメジャーエンブレムがこのレースで好走しているし、素直にOP馬から入るほうが確実な気はする。
○ウインゼノビア
スクリーンヒーローがこれだけコンスタントに活躍馬を出すとは思わなかったなぁ。似たような系統でもタニノギムレットより厳しいと思っていただけに。
新馬戦は新潟2歳S4着のジョディーに逃げ切られたが、未勝利→クローバー賞とすぐに巻き返して連勝を飾ったように混戦のほうが嬉しいタイプ。外枠からゴチャ付かずに出られるのも有利そうだし、ここでも連軸視。
▲エールヴォア
1番人気…だと?
POGりん指名を回避して日刊競馬POGに回した馬がまたも重賞出走。あれか、リスト上手の指名下手ってやつか。
確かに未勝利の楽勝ぶりは目を見張るものがあったし、プロフィール的にも期待されるイメージを抱かせるものだが、社台に見限られたヴィクトワールピサ産駒で重賞はどうだろう?
△アフランシール
デビュー戦は強敵の集まりやすい芝1800を牡馬相手に真っ向勝負で押し切り。2・3着馬も既に勝ち上がっており見た目以上に内容のあるレースだったのではないか。
札幌2歳S5着で人気を落としているが、3角マクリ組に展開を掬われたのが敗因。ハーツクライ産駒だし広い東京コースに替われば能力全開。


スワンS
◎コウエイタケル
血統だけ見れば1800以上から使いたくなるような馬だが、意外にも1600以下しか走ったことがない気性で走るスプリンター。マンハッタンカフェとかオペラハウス産駒には多いが、ステイゴールドでは珍しいほうだろうか。
ただ、ブービー人気レベルでも平気で激走する血統のらしさも兼ね備えているし、ダラッと先行して外枠から気分良く走らせたら大物食いもあるのでは。
○モズアスコット
ソウルスターリングやミスエルテが活躍するなかで輸入されたフランケル産駒ではハズレ扱いをされてきたが、昨秋にエンジンが掛かるとOPでも善戦を重ねて連闘で安田記念を制する能力を見せた。今後も欧州市場では高騰するだろうし、ノーザンFもディープインパクトと交換留学みたいに種付け交換すれば?
1600万勝ちで既に京都1400は経験済みなので距離短縮でも不安材料にはならないが、目標が先にあって58キロを背負い断然人気に推された中で今までと同じような競馬をさせてもらえるか。
▲グァンチャーレ
かつてはシンザン記念を勝ってダービーにも出走していた馬だが、徐々に距離を短縮されてとうとう1400まで来たか。意外に北九州記念とかなら1200でも対応しちゃうのでは?と思わなくもない。
春先にはトリコロールブルーやロジクライとも接戦を演じていた馬だし、GⅡに入ってもクラス負けするようなことはないはず。
△ロードクエスト
追い込み一辺倒だった3歳時からそれでは通用しなくなった4~5歳を経て先行を覚えた変わり種。普通はズブくなって行き脚が付かなくなり逆になることが多いのに。
前走は1600なのに早めマクリが発生して乱ペースになっていたしノーカウント。引き続きデムーロが騎乗して気合いを付ける競馬で押し切りを狙いたい。


菊花賞までの成績【4/120 ―169940円】


ミルクレープケーキ>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク