FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(チャンピオンズC編)

近付くと


12月に入ってくると忘年会やボーナスの話題に混じって有馬記念がチラホラ聞かれる。
ただ、例年よりトーンが低めなのは、昨年だとサブちゃんの持ち馬・キタサンブラックがいたから年配の社員さんでも興味を持っていた点。
今年もオジュウチョウサンがいるからもう少し話のネタになっても良いような気もするが、よく考えたら障害GI馬が平地GIにも挑戦するなんて言うのは競馬ファンから見ての珍しさなんだなと。


チャンピオンズC
◎ルヴァンスレーヴ
古馬初対戦となった南部杯ではゴールドドリームとの一騎討ちを制してGI3勝目。そのゴールドドリームがJBCクラシックを勝っている上に回避したものだから抜けた1番人気になるのも頷ける。
唯一、負けているのが中山ダート1800なので坂のあるコースで一抹の不安こそあるものの、芝よりはダートでこそ信頼性の上がるシンボリクリスエス産駒だけに3歳馬たちの世代交代をここでも見せてくれるのでは。
○オメガパフューム
ジャパンダートダービーではルヴァンスレーヴの2着に敗れたが、シリウスSでこちらも古馬を撃破するとJBCクラシックでもケイティブレイブの2着に滑り込み。万全の押し切り体勢だったところを追い込んで来た形だったが、逃げ馬が残る展開で届いたのは地力の高さだろう。
今回も同世代の強豪にJBCで敗れた古馬とメンバーは更に強化されるが、マークできる立場でもあるので追う側の強味を存分に活かしたい。
▲サンライズノヴァ
ああ、ややこしい。
どちらもサンライズの冠でダート路線で馬名の語感が一緒。馬主さんもこんなことになるなんて考えていなかっただろうが、大坪さんなら2頭が同一馬になっちゃう可能性に1000万ペリカ。
今年はフェブラリーSで4着だったのを除けばすべて連対しており、休み明けからも2連勝と勢いに乗っての参戦。追い込み一手なのと距離延長が気掛かりだが、爆発力ならノンコノユメ以上にあるのではないか。
△ミツバ
どうにも気分で走る面が解消されないようで、前走も人気ではあったが荒れた馬場で砂を被る展開に嫌気が差したのか大差のシンガリ負け。いくらなんでも負けすぎだと思われたのか、最低人気近くまで落ちることになった。
それでもやる気を出してくれたときの走りは証明済みだし、今回はブリンカーを外して挑むと言うことなのでそれが良い方向に出てくれたら。


ステイヤーズSまでの成績【8/142 ―178650円】


アーモンドアイも出ないし>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク