FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(桜花賞編)

クルーガー4着か


すっかり忘れてたドンカスターマイル。
GIで買えるけど予想を忘れていたし20頭立てで人気は割れまくってたしで見るだけでいいやと見ていたが、あれだけ頭数が多くなるとどの馬がどこを走ってるか探すだけで大変だ。
海外には直線で1600のGIまであるけど、30頭立てとかになったら実況も馬名を読み上げる前に終わりそうだ。


桜花賞
◎エールヴォア
理由?POG馬だから。
POGりん指名馬から漏れた馬たちで日刊競馬POGに参加したら、この馬だけでブーストされ気分は第三野球部かクロスゲーム。
逃げ宣言をしてるけど、キョウエイマーチやダイワスカーレットほどの器ではなさそうだしな…。
ま、愛だよ、愛。
○クロノジェネシス
普段なら阪神1600と聞けば真っ先に切りそうなタイプのバゴ産駒。だが、ディープインパクト産駒を差し置いて上がり最速でブッ込んで来たここ2走を見る限り、この馬はバゴ産駒ではなくブラッシンググルーム系と括ったほうが良さそう。
惨敗を喫するとすぐに心が折れてスランプに陥るが、イケイケの状態なら馬場も距離も不問にする系統だけに父の地味さで敬遠されたならむしろ美味しい単勝オッズ。
▲シェーングランツ
藤沢和厩舎にしては珍しく阪神JF→チューリップ賞 →桜花賞と遠征を3つ挟む王道ながら関東馬には厳しい輸送ローテで臨んできた。今まで馬の精神状態優先で、なるべく負担をかけないように阪神JFやクイーンCから直行だったのに比べれば意外な使い方。
その2戦でダノンファンタジーに完敗を喫しているので人気も落ちているが、桜花賞で武豊がインコースに潜り込みと言えばシャダイカグラを思い出すし同厩舎2頭出しなら人気のないほうから。
△ダノンファンタジー
1番人気を連下とか我ながら思い切ったな。いや、単に印が4つしかないから漏れただけです。
阪神JFを勝って年明けからもチューリップ賞を不利を跳ね返して差しきりなど文句の付けようがない成績。普通なら3着以内は堅そうなイメージなのですが昨日のラッキーライラックが頭にこびりついて…。


ニュージーランドTまでの成績【1/46 ―104820円】トリガミ1


サンキョウセッツ事件どころじゃないね>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク