FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (何だかんだで干支1回り 16000HIT)

今日のボックス(皐月賞&アンタレスS編)

地方競馬にも新人騎手


高知競馬の出馬表を見ていたら★なんて珍しい減量表記。
女性騎手が新人だと▲じゃなく★の4キロ減量か。
中央でも藤田騎手が勝ち鞍を伸ばしているし、濱騎手にも他の新人に負けない成績を挙げてもらいたいものです。


皐月賞
◎サートゥルナーリア
引っ掛かるものは確かに色々とあるのだが、既に中山2000で実績を残している上に1600から1ハロンずつ距離を延ばしていって対応する器用さ。相手筆頭のアドマイヤマーズが内枠なのでそれを見ながら競馬ができるなど好材料は多い。
どうしても気になるのは必ず3コーナーで仕掛けが一瞬遅れること。今までは少頭数だったり相手がショボかったなどで何とかなったが、ここではそれが命取りにならないか。
○ヴェロックス
ジャスタウェイ産駒も当初は距離の壁が高くて1600までの馬が多かったが、この馬は2000もこなしていて母父モンズンの影響が濃いのかも。ここまで大敗が東京1800なのでコーナー4つのコースなら誤魔化しが利くとも言えるだろうか。
あとはトニービン系からこのレースを好走した馬が少なく、似たような傾向のハーツクライ産駒も勝てていないだけに血統の殻を破れるか。
▲アドマイヤマーズ
前走だけで随分と人気を落としたなぁ。
1600で連勝を飾って初めての1800で2着に敗れたので更に1ハロン延長される2000で疑問視されるのは仕方ないか。
ただ、過去にロゴタイプやイスラボニータを同じ理由で切り捨てて痛い目に遭っているので無印にできない心の弱さよ。
△ブレイキングドーン
個人的にこのレースでは2着にマイラーが来て3着にステイヤーが来ると言うイメージ。小回り適性のある馬が先に抜け出して勝負を決め、終わった頃にエンジンが掛かった馬が飛んでくる。
血統だけならサトノルークスやランスオブプラーナも対象に入るのだが、脚質的に先行するだろうから差し馬で該当しそうなこの馬で。


アンタレスS
◎テーオーエナジー
前走は1番人気に推されたが佐賀記念と同じく先行からズルズル後退して10着に惨敗。昨年末から遠征が続いていたし、疲れが溜まっていたのかも。
今回は久々の地元戦になり1戦1勝の阪神ダ1800なら巻き返す余地はあるはず。
○ヴェスタールンド
昨夏にダート路線に転向すると3連勝でシリウスSとチャンピオンズCで2着。負けたのが東京ダ1600と言うあたり最初からダートで走らせていたらかなり強かったのでは?と思わせる。
休み明けなのと午後から天気が下り坂気配なので追い込み脚が鈍らないかだが、先行馬は多いのでここも後方から追い込んできてどこまで。
▲アナザートゥルース
3歳にしてキ○タマを抜かれる問題馬のようだが、名前の意味が「もう一つの真実」だけに実はホm…いや、何でもありません。
前走は交流重賞ながら3着に健闘してOPクラスにも目処が立ったし、更にメンバー強化されるが勢いでここでも好走なるか。
△ピオネロ
ネオユニヴァース産駒も古馬になってからダートに替わって重賞級になる馬が多いが、この馬もシリウスS2着など芝でモタモタしていたのが嘘のように走り出した。距離的にはダイオライト記念とか使いたかっただろうけど。
1800は少し短い気もするが人気馬が軒並み先行馬なので消耗戦が予想されるし、前崩れの展開ならスタミナが活きるのでは。


中山GJまでの成績【1/49 ―112020円】トリガミ1


いきなり多田羅騎手が勝ったか>胴長熊猫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク