FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(フローラS&マイラーズC編)

ゴールデンウィーク


先日、会社から旅行券を頂いたことだし折角だからどこかへ出掛けようかと旅行社へ。
と言っても有望な観光地なんざ行くだけ損なレベルで混むだろうから四国から脱出するプランだけ立ててあとは野となれ山となれ。
野宿で死ぬような季節じゃないさ。


フローラS
◎エアジーン
芝1800でデビューしたがハービンジャー×フジキセキと言う血統ながら1600ではなく2000に距離延長して2勝目を挙げた。長距離が向くのか、スローになりやすいから短距離的な機動力が活きるからなのかここは試金石。
このところ重賞でいいところのないデムーロに手戻りなのは気になるが、暖かくなってきたしボチボチ乗れてくるのでは。
○フェアリーポルカ
新馬戦では牡馬相手に2000で勝ち上がり、若駒Sでは皐月賞で大接戦を演じたヴェロックスの2着。前走は人気こそ譲ったが快勝し、戦ってきた相手の強さを考えれば妥当な結果だったと納得させられた。
ルーラーシップ産駒だけに距離は問題ないだろうから、あとは18番枠に入ったのを克服できれば。
▲ジョディー
フラワーCではコントラチェックにハナを譲って番手から進めたが、逆に突き放される展開になってしまい5着。ダイワメジャー産駒だけに後ろから来た馬と馬体を合わせた叩き合いに持ち込むのがパターンなので、先に行かれたのは厳しかったか。
今回は無理に逃げたいような馬も見当たらず主張すればスンナリ先手もあり得そうだし、クイーンCのような粘り込みを見せられるか。



マイラーズC
◎ダノンプレミアム
てっきり大阪杯か香港にでも行くのかと思っていたらここなのか、こんなところで小金を稼がないとやっていけないような馬でもなかろうに。本業が傾いてるのか?
このレースもフルゲートだったり少頭数だったりするが、この頭数にこのメンバーなら余程の不利でもない限り勝ち負け。
○パクスアメリカーナ
昨年はこぶし賞で一度はケイアイノーテックを下しながら本番ではやり返されて6着。それでも秋以降はリゲルS→京都金杯と連勝して人気の面では上回っている。
クロフネ産駒だけに坂のない小回りコース1200~1600がベストだろうし、GIでも条件が合致するのはマイルCSくらいなので重賞で狙えるのはここくらいか。
▲グァンチャーレ
シンザン記念を勝ったあとはなかなか波に乗れない時期が続いていたが、昨年春くらいから好調期が来たのかOPなら崩れなくなってきた。重賞には壁があるように見えるが、今回のメンバーなら半分OP半分重賞みたいなものだろう。
スクリーンヒーロー産駒だけにパンパンの良馬場で時計勝負は分が悪いだろうから、早めに自分から動く展開に活路を見出だしたい。
△ストーミーシー
このクラスの愚直な追い込み一辺倒馬で、上がりだけなら毎度上位なのだが道中が追走一杯なので展開頼みは否めない。それでも最低人気レベルで何度も馬券に絡みそうなところまで突っ込んで来るので穴党にとっては楽しみな存在。
本来は多頭数や道悪でコッソリ買うのが狙い目だが、追走が楽になったときにどんな脚を見せてくれるか冗談半分で買ってみたい。


福島牝馬Sまでの成績【1/52 ―119220円】トリガミ1


雪は降るなよ…?>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク