FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(天皇賞・春編)

9連休


せっかくなので旅に出ました。
新幹線で子供が「ま~だ~?」とぐずっているのを聞くと旅行してる気分。


天皇賞・春
◎ヴォージュ
いつぞやに呟いた
「平成最後のGIで年号が令和に変わる」→「年号としては初めての国内編纂書物の万葉集から採用された」→「なので万葉S勝ち馬から初の天皇賞・春勝ち馬が出る!」
と言う理論。
しかし、大逃げ宣言をしているがこのメンバーで逃げること自体が叶うだろうか…?
○フィエールマン
昨年の菊花賞馬が今年緒戦となったAJCCも快勝して無事に戦線へ名乗りを挙げた。シャケトラの件もあるだけに、無事に出走することが如何に大変かと思い知らされる。
体質的なのか単に輸送を増やしたくないだけかユルユル日程で来ているが、それで菊花賞を制しているわけだから馬に合っている臨戦過程でここも好勝負。
▲メイショウテッコン
後手を踏んだ日経新春杯では無茶苦茶な3角マクリで逆噴射したが、しっかりスタートした前走ではエタリオウの追撃を振り切り1着。兄も逃げでしぶとく粘るタイプだったし戦法はこれで良いだろう。
ただ、ヴォージュが逃げ宣言をしてロードヴァンドールも横山典が簡単には譲りそうにないし、ハイペースになった際の対処を考える必要はある。
△パフォーマプロミス
前哨戦までは順調に来るのだが本番になると崩れやすく、宝塚記念では激ヤセ有馬記念では激太りと見るからに調整失敗を露呈する。遠足当日に熱を出す小学生か。
13頭立ての割に一長一短な馬が揃ったので最低人気のケントオーが来たって驚かないが、やはりこのレースで買いたいのはステイゴールド。


青葉賞までの成績【2/55 ―121740円】トリガミ1


心当たりあるだけに>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク