FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(函館記念編)

もう始まってる!


センバツ優勝の愛知・東邦高校がコールド負けと言う波乱が起きた甲子園予選。それを聞いて「広島大会はどうなった?」と調べたら金曜日から開幕してたのね。
しかし、井口や沼田がシード校になっていたり広陵がノーシードからだったりと、なかなかカオスな組み合わせになってるなぁ。


函館記念
◎ドレッドノータス
前走は立ち遅れて後方からの競馬になってしまったが、逆にハイペースに巻き込まれずに済んだこともあって5着と久々の掲示板。OPに上がってから苦戦が続いていただけに、兆しが見えたのは収穫だっただろう。
今回は先行に戻してくるだろうが巴賞ほどのハイペースはなさそうだし、マイスタイルの尻を突つく競馬から押し切りを狙いたい。
○エアスピネル
マイルCSでは人生初の掲示板を外す10着に大敗してしまったが、着差はコンマ4秒と露骨に枠の差が着順に影響していたし気にするほどではないだろう。しかし、復帰には時間を要してしまい春を使えずに終わったのは流石に誤算。
元々、菊花賞3着もあるので距離に心配はないだろうが、休み明けで58キロのトップハンデを背負って突き抜けられるか。
▲アメリカズカップ
かつての重賞勝ち馬も長期休養から帰ってきてからは低迷を続けており、ダートにも挑戦してみたがイマイチと言うことで芝に戻ってきた。その前走では向正面からの大マクリで沸かせたがハイペースを誘発してしまい自爆、それでも脚の健在ぶりは見せられた。
きさらぎ賞やカシオペアSが雨の不良・重馬場だったことを考えると洋芝コースが合っている可能性は高そうだし、仕掛けるタイミングさえ間違わなければまだ見限れないのでは。
△ステイフーリッシュ
ホープフルS3着から降ろされる羽目になった中谷に手綱が戻ってくるとはなぁ。とは言え騎手の集まりにくい夏場のローカルだからこそで、ここで結果が出ないと秋には再び外人か藤岡兄弟だろう。
年明けから安定した走りを続けているものの、勝ち切れないパンチの欠けたステイゴールドらしい成績だけにここも頭まであるかが論点。


JDDまでの成績【2/82 ―180410円】トリガミ2取消1


母校はラッキーシード>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク