FC2ブログ
パンダらボックス
人生も胴回りも太く・長く   (1年が速く感じられる三十路半ば 17000HIT)

今日のボックス(レパードS&小倉記念編)

ディープインパクト逝去


春先に種付けを中止して来年に備えると発表されていたが、治療の甲斐なく安楽死とは…。
長くアンチサンデーサイレンスをしてきた中で、唯一の単勝馬券を買えた馬。
ベストレースは人によって変わるだろうが、個人的には若駒Sを見て「あっ、これはアカン奴や」と思わせた脚にビビったのを覚えています。


レパードS
◎アッシェンプッテル
デビュー時はさほど注目されていた馬ではなかったが、2戦目で勝ち上がると500万を3着のあと2連勝。古馬相手に追い込み一気を決めて重賞に挑戦する権利を手にした。
少頭数の上がり勝負は分が悪いだけに重賞のような厳しい流れで台頭するタイプだろうし、脚質的にも外枠から揉まれず行ける方が良いだろうから道中で離され過ぎなければ。
○アヴァンセ
新馬戦を勝ち上がってすぐの500万ではクリソベリルの離された2着に食い込んだが、似たような位置からマクリ上がるタイミングで不利があったもの。着順と関係はなかっただろうが、もう少し差は詰められていただろう。
一息入れられたあとの2戦目になる前走で楽に勝っているように、素質はOPクラスにありそうなので人気のない今回は押さえてみたい。
▲ワシントンテソーロ
デビュー戦を圧勝して大物登場かと思わせたが、マスターフェンサーやクリソベリルにボコられて本性を現す辺りは父カーリンもやっぱりミスタープロスペクター系か。この系統は日本に輸入されるとしつこく芝を使われるのは何故だろうね?
現状の好走条件は揉まれないマイペースと、出来すぎなご都合主義タイプなので強引にでも先手を取りきれば面白いが。
△ヴァイトブリック
関東馬ながら京都ダ1800でデビュー勝ちして中山ダ1800連勝と早くから中距離ダートに狙いを絞って使われたが、年明けからは東京と園田で連敗を喫した。馬体重も大きく減らしていたし軽いダートと遠征はマイナス要素か。
今回も新潟遠征なので夏場だけに馬体重には注意したいところだが、しっかり立て直されていればこのメンバーくらいなら一蹴できるだけの能力はあるはず。


小倉記念
◎アイスバブル
東京芝2400でOP入りしたことで前走は2500の目黒記念に相成ったが2着に好走。いきなりの重賞でも問題なく走って素質の高さを見せてくれた。
既に小倉芝1800で勝ち鞍があるように本質的には2000がベストの中距離タイプだろうし、父への弔い勝利を捧げたいところ。
○メールドグラース
こちらも小倉芝2000で2勝を挙げている小倉巧者で、年明けから4連勝で更に重賞を連勝中と来ているわけだから1番人気になるのも仕方がない。57.5キロのハンデは厳しいかもしれないが、秋に大きいところを狙うなら58キロくらい背負い慣れておく必要はあるだろう。
昨年は1番人気の呪いを解いてトリオンフが勝利したが、元々1番人気馬に鬼門の重賞だけに2年連続で勝てるかどうか。
▲クリノヤマトノオー
ここまでの好走は真ん中より内枠に入るか少頭数のどちらかだが、この頭数でも7枠に入るんだから陣営はお払いでもしたほうが良いんじゃないか。まぁ、13頭なのは前走に比べれば減ったので悪くはないだろうけど。
地味ながらデビュー勝ちは芝1200の小倉で今回はそれ以来の遠征になるが、適性があるなら多少の不利を跳ね返してでも馬券に絡んでくるのでは。
△カフェブリッツ
デビュー時からダートをずっと使われてきたが、芝に転戦するとアッサリ勝ち上がってダイヤモンドSでも3着。メンバーが強化されるとすぐに底を見せたが、今後もメンツと馬場次第ではあわやの場面を作ってくれそう。
休み明けの前走は行きっぷりも一息で回ってきただけの競馬だったし、一つ叩かれて変わってくれば重賞レベルでも食い込んでくる実力はあるはず。


アイビスSDまでの成績【4/88 ―152650円】トリガミ2取消2


合掌>胴長熊猫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

胴長熊猫(ドウナガパンダ)

Author:胴長熊猫(ドウナガパンダ)
限りなく黒に近いグレー。いや、やっぱどす黒い黒。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク